寝る前に蜂蜜を1杯飲むだけで出来るダイエット

寝る前の蜂蜜は健康に良い

糖分である蜂蜜を寝る前に食べると太りそうで、逆に健康に悪いイメージがあります。
しかし、寝る1時間ほど前に蜂蜜を大さじ1杯摂取することで、脂肪燃焼の効果がありダイエット効果が期待できます。

なぜ寝る前の蜂蜜にダイエット効果があるのか

寝る前蜂蜜ダイエットを提案したのは、10年間肝臓について調べていたイギリスの薬剤師です。
書籍化され、日本でも「冬眠式プラス蜂蜜ダイエット」として出版されました。
体重を減らすには、代謝力を上げ、脂肪を燃焼させなければいけません。脂肪の燃焼は成長ホルモンが分泌されないと正常に働きませんが、この成長ホルモンを分泌させるのが蜂蜜に含まれている糖質です。
蜂蜜に含まれる果糖は少量でも、肝臓の働きを促進させ成長ホルモンを分泌させる力に変わります。同じ甘味料である砂糖では蜂蜜の代わりになりません。

蜂蜜ダイエットに使える蜂蜜の種類

蜂蜜ならば何でも健康に良いということはなく、使う種類についても気にする必要があります。
蜂蜜はスーパーなどでも手軽に購入できる食品ですが、値段はピンからキリまで様々なものがあります。
安いものの中には蜂蜜100%ではなく他の糖分と混ぜた、純粋でない蜂蜜が多々見られます。
当然カロリーも砂糖が混ざったものの方が高く、肝心の脂肪燃焼効果も得られません。
寝る前に使う蜂蜜でなくとも、健康&ダイエット目的で蜂蜜を使うならば、純粋な蜂蜜を選んでください。
もし近所に蜂蜜専門店などがあるのならば、店員さんにダイエットに使いたい蜂蜜について尋ねると、最適な商品を選んでくれるでしょう。

寝る前蜂蜜ダイエットの注意点

蜂蜜を寝る前に食べるダイエットには、いくつか注意点があります。
夜の食事に気を付ける
睡眠はしっかりとる
量や飲む時間は守る
普段通りの食事はNG
夜は仕事や勉強でエネルギーを使いきり、一番お腹がすく時間帯です。ついご飯を多く食べ過ぎてしまいますが、蜂蜜ダイエットをするならグッとこらえましょう。
特に、ご飯やパンなど炭水化物系は余計な糖質となりやすいので、蜂蜜とあわせるとオーバーしてしまいます。
夜だけ糖質抜きと心がけるだけで、さらに効果のあるダイエットになります。

高い睡眠の質を目指す

夕食は、寝る前の3~4時間前には食べ終わっていて、食べてからは何も食べないのがダイエットの鉄則です。
胃にご飯が残っていると眠りの質が落ちるため、成長ホルモンが正常に分泌されません。
もしどうしても夜遅くの食事になってしまう場合は、消化の良いおかゆやうどんで済ませることをおすすめします。

蜂蜜を食べる時間

蜂蜜は眠る予定の時間の、1時間ほど前に食べるようにしましょう。いざエネルギーに変換され、深い眠りに着いている時間帯に高い脂肪燃焼効果が得られるように考えられた時間帯ですので、早すぎても遅すぎてもダイエット効果は半減してしまいます。
飲み方はドリンクに混ぜてもそのまま飲んでも変わらないので、自分が続けられる飲み方を見つけてください。大さじ1杯程度を守り、質の高い寝る前蜂蜜ダイエットを目指しましょう。

誰でも痩せられる確実な効果はない

寝る前蜂蜜ダイエットの効果は人それぞれです。同じ方法でも1ヶ月で5kg痩せた方もいれば、体重は全く変わらなかったという方もいます。
体質によって左右しやすいダイエットですので、まずは1週間続けてみてください。
そこで目に見える変化が無いのならば、ダイエット効果は期待できないかもしれません。
ただ、蜂蜜は毎日少量摂取することで体に良い健康・美容効果があります。砂糖の代わりに料理に使ってみたりなど、積極的に食卓に追加していただきたい食品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA