ストレスを和らげることも蜂蜜の効能のひとつ

優しい甘みと独特の風味が魅力的な蜂蜜は、甘味料としても調味料としても活用することができる食品です。蜂蜜はコクやうまみをアップさせるためのおいしいものというだけではありません。蜂蜜の効能は様々ものが期待されていますが、そのひとつとして「ストレスを和らげる」ということが注目されています。蜂蜜とストレスの関係と、蜂蜜の効能を活かすための蜂蜜の摂り方について紹介します。

脳に栄養を与えてリラックスさせる

ストレスを感じてしまうことの原因のひとつとして、脳が疲れているということが指摘されています。脳に十分な栄養を与えることでストレスを緩和させることにつながるといわれていますが、脳に栄養を与えることができるのはブドウ糖だけです。蜂蜜はおよそ4割がブドウ糖からなっており、効率よく脳へ栄養を供給することができる食品として注目されています。脳に十分な栄養がいきわたることで副交感神経が優位に働くようになり、体を緊張状態から解き放ってくれます。脳や体が緊張状態が続けばストレスを感じやすくなりますし、反対に脳や体がリラックスすることでちょっとしたことでもストレスとして感じにくくなるということもわかっています。

血糖値の上昇を緩やかにしてストレスフリー

実は血糖値が急激に上昇することで、ストレスを感じやすい体質に傾くということがわかっています。炭水化物や白糖などは血糖値を上昇させやすい性質があり、摂りすぎないように気を付けたい食材です。蜂蜜にももちろん糖質が含まれていますが、蜂蜜に含まれる糖質は果糖で、血糖値を上昇を抑えるとともに、上昇した血糖値をゆっくりともとに戻す働きをすることもわかっています。血糖値の急激な変動を抑えることでストレスを感じにくくすることも、蜂蜜の効能のひとつです。

蜂蜜が安眠をサポート

蜂蜜にはストレスを和らげるための物質『セロトニン』を分泌させるために必要な成分『トリプトファン』を豊富に含んでいます。先にも触れたように、副交感神経が優位に働くことで安眠のサポートもしてくれます。蜂蜜が質の良い眠りへと導くことで、ストレスからゆっくりと解放してくれます。

寝る前の蜂蜜で効果を実感

蜂蜜は寝る1時間前に大さじ1杯程度取り入れるのがおすすめです。そのまま舐めてもいいですが、温かい飲み物として取り入れるとより効果を実感できるはずです。ホットミルクに蜂蜜を溶かしたものを食後に飲んだり、お湯に蜂蜜とレモンを加えたものを飲んだりするのが手軽でおいしいのでおすすめです。蜂蜜の量は200mlにティースプーン2杯くらいが目安です。お酒が好きな人は、赤ワインを人肌程度に温めて蜂蜜とレモンを加えたものもおすすめです。ただしお酒は飲みすぎてしまうとストレス緩和の効果が半減してしまいます。コップ1杯までにするといいでしょう。

蜂蜜でストレスを和らげよう

現代人が過ごしている環境はストレス社会ともいわれ、多くの人が何らかのストレスを感じながら生活しています。そのストレスを上手に発散しながら生活することが大切ですが、うまく発散できないこともあるかもしれません。そんなときは蜂蜜の効能を活用し、蜂蜜を普段の生活で取り入れることでストレスと上手に付き合っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA