糖尿病予防に効果的 知られざる蜂蜜の効能とは

蜂蜜は健康食品としても注目されており、甘味料として、調味料として、幅広く使われています。蜂蜜の効能はたくさんありますが、糖尿病予防にも効果的だといわれています。ここでは蜂蜜が糖尿病予防に役立つ理由や、知られざる蜂蜜の効能について紹介します。

糖尿病はこんな病気

糖尿病とは、インスリンが正常に働かなくなる病気です。血液のエネルギーとなる血糖を全身に運ぶことができなくなり、エネルギーが尿とともに体外へ排出されてしまいます。これに伴い高血糖状態になり、血液がドロドロにになったり血管を傷つけたり、血液や血管に負担をかけてしまいます。糖尿病治療は食事療法と運動療法を中心に行います。特に食事は血糖値の急激な上昇などが心配されるため、糖尿病になると食事にはかなり気を使うことになります。

糖尿病と蜂蜜の関係

糖尿病予防には、血糖値の上昇を緩やかにすることが大切だといわれています。血糖値の上昇に大きく関わるのは炭水化物に含まれているブドウ糖です。蜂蜜の効能として挙げられるのが血糖値の上昇を緩やかにすることです。蜂蜜は血糖値の上昇に関わるGI値が低いため血糖値の上昇を緩やかにしてくれるため、蜂蜜を取り入れるだけで糖尿病の予防に効果的です。ただし、どの蜂蜜も低GI値というわけではありません。アカシアの蜂蜜が低GI値なので、蜂蜜を取り入れる際はアカシアの蜂蜜を選ぶようにしましょう。蜂蜜は糖尿病予防にも役立ちますが、糖尿病と診断された人も摂り過ぎに注意すれば蜂蜜を食べることができます。

砂糖の代わりに蜂蜜を使おう

さらに魅力的なのが、蜂蜜は低カロリーという点です。蜂蜜は100gあたり290キロカロリー、砂糖は100gあたり390キロカロリーなので、砂糖と比べても低カロリーなことがわかります。また蜂蜜は砂糖の3分の1の量で同じ甘さを感じることもできるということから、さらなるカロリーカットにもつながります。甘味料を砂糖から蜂蜜にチェンジするだけでカロリーを抑えることができます。カロリーカットが実現することで、糖尿病の原因となる肥満の予防にもつながります。コーヒーや紅茶の甘味料として使うのもいいですし、煮物や炒め物の調味料として砂糖の代わりに蜂蜜を取り入れるのもおすすめです。

まだまだある蜂蜜の効能

蜂蜜の効能はたくさんありますが、特に注目すべきなのは糖尿病予防につながるものが多いという点です。蜂蜜の効能のひとつとして、腸内環境を整えることが挙げられます。蜂蜜に含まれるオリゴ糖には善玉菌を増やす効果が期待され、便秘や下痢などの症状を改善へと導きます。腸内環境が整うことで代謝がアップし、太りにくく痩せやすい体質作りにも役立ちます。また、疲労回復効果も期待できます。体に疲れがたまると代謝は落ちてしまい、肥満の原因となってしまうケースも珍しくありません。

糖尿病予防に蜂蜜を取り入れよう

蜂蜜の効能は様々ありますが、糖尿病予防に役立つこともひとつの効能です。蜂蜜は栄養豊富で低カロリーと魅力的な食品です。しかし糖尿病予防に効果的だからといって、蜂蜜の摂りすぎは禁物です。適量の蜂蜜を毎日取り入れることが、体の健康を守るためのポイントではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA