蜂蜜の賞味期限はなく腐らないって本当か

蜂蜜を購入すると、必ず賞味期限が記載されています。蜂蜜の賞味期限はメーカーや産地などによって若干の差はありますが、だいたいが2年から3年ほどに設定されています。蜂蜜の賞味期限が設定されているものの、蜂蜜は腐らないと聞いたことがあるという人もいるのではないでしょうか。ここでは蜂蜜の賞味期限について紹介します。

蜂蜜は腐らない食品

蜂蜜は天然の甘味料で、風味が変わることはあっても腐ることはないとされています。実際に3000年前の蜂蜜が見つかったとしてニュースになり、成分や味にほとんど変化がないことがわかり話題となりました。蜂蜜が腐らない理由として挙げられるのは、ひとつは蜂蜜自体に殺菌能力があるという点です。もうひとつは蜂蜜には水分がほとんど含まれておらず、腐敗の原因となる細菌が生きていく環境がないという点です。容器に水や雑菌が付着していた場合は、それが原因で腐ってしまうことがあるかもしれませんが、基本は蜂蜜は腐ることのない食品です。

加工してある蜂蜜は賞味期限がある

蜂蜜には様々な商品があります。天然の蜂蜜100%のものや、蜂蜜に甘味料や香料などを添加してある加工品まで様々です。天然の蜂蜜100%のものは先に紹介したように腐ることはありません。しかし添加物が入った加工品の蜂蜜は腐る可能性が高いため、賞味期限が設定されています。天然のものでない加工された蜂蜜は、必ず賞味期限内に食べきるようにしましょう。天然か加工品かわからないという場合は、裏面に原材料名が記載されているので、そちらを確認するといいでしょう。

天然の蜂蜜にも賞味期限が設定されている

天然の蜂蜜は腐ることがないと紹介しましたが、販売されている蜂蜜には天然のものであっても必ず賞味期限が設定されています。これは食品を販売するときには賞味期限を設定しなければいけないという、法律上の問題があるからです。賞味期限を記載しなければいけないという法律がなければ、蜂蜜の賞味期限はないと考えても問題ありません。しかし保存方法によっては風味や味に変化が出ることもあるので、蜂蜜の賞味期限が記載されている場合「2年から3年ほどは風味や味が変わらずにおいしく食べられる」という捉え方をするといいでしょう。

蜂蜜の保存方法

蜂蜜をおいしく食べるには、適切に保存することもポイントです。蜂蜜の保存方法は、直射日光の当たらない風通しのいいところで保存することです。ただし冷蔵保存は厳禁です。蜂蜜は14度以下で結晶化するため、冷蔵保存すると白く固まってしまい、風味も損なわれてしまいます。よほど暑くなる環境でない限り、キッチンの棚などで常温保存で問題ありません。蜂蜜を使用するときは、水気のない清潔なスプーンを使い、水分や異物が入らないように気を付けることも大切です。

おいしいうちに蜂蜜を食べきろう

蜂蜜には強い殺菌能力があり、天然のものであれば腐ることがないということがわかりました。もしご家庭に使いかけの蜂蜜がある場合、天然のものなら問題なく食べることができるので、捨てずに最後まで使い切ってください。少々値段は高いですが、加工品よりも天然の蜂蜜のほうが風味も味もいいので、ぜひ天然の蜂蜜を取り入れることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA