初めてでも飲みやすいおすすめの蜂蜜酒4選

おすすめ蜂蜜酒4選

蜂蜜酒、別名ミード酒は作り方が簡単であり、材料さえあれば誰でも作れてしまう伝統あるお酒です。
しかし現在の日本の法律では、アルコール度数1%以上の酒製造は禁止されているため、蜂蜜酒は自宅で作れません。
今回は、是非一度は飲んでいただきたい美味しい蜂蜜酒を厳選して4種類ご紹介いたします。

第1位 ドクターディムース ハニーワイン

様々なランキングサイトで1位にランクインするドクターディムースは、その名の通りワインに似た味を持つ蜂蜜酒です。
甘口であり、スッキリした味わいで飲みやすく、氷をたっぷり入れ冷たくして飲むと、さらに爽やかに蜂蜜の濃厚な風味を楽しめます。
まず飲んでみて濃く感じたら、少しずつ水や氷を足していって自分が美味しく飲める按配を見つけましょう。
アルコール度数は11%であり、2011年ドイツ農作物教会コンクールにて金賞を受賞した蜂蜜酒でもあります。

第2位 熊手の蜂蜜で造ったお酒

創業80年を迎える蜂蜜専門店がだすこの蜂蜜酒は、蜂蜜の専門家が選んだ蜂蜜と米麹を、独自の製法で発酵させることによって生まれた逸品です。
食前酒にも合う熊手の蜂蜜酒には、高栄養価を誇るローヤルゼリーが配合されているため、味だけでなく健康面でもサポートしてくれます。
アルコール度数は14%ですので、寝る前にほどよく酔うにはピッタリの蜂蜜酒です。
販売元である「熊手のはちみつ」は、ネットショップでも多種多様な蜂蜜を販売しています。商品を眺めているだけで楽しめますので、蜂蜜そのものに興味がある方は、是非覗いてみてください。

第3位 バーレンメット ハニーワイン

熊がハチの巣を抱えているラベルが目印のこの蜂蜜酒は、他の商品より深く蜂蜜のコクを楽しめます。
まろやかでありそのままでも美味しく飲めますが、温めてアイスにかけたりシロップとして使うこともできる万能な蜂蜜酒です。普通に飲む分には、冷たいほうがさっぱり飲めるかもしれません。
しかし、蜂蜜の味は濃い目ですが、お酒としての味も強いので、甘めのお酒が好きと言う方は苦手かもしれません。
ドイツ産であり、アルコール度数は15%です。

第4位 ミード シークレット・オブ・クレオパトラ

明治11年に創業し、現在もなお様々な商品を世に送り出している「菊池酒造」が作るこの蜂蜜酒は、高級感のあるクレオパトラのラベルが特徴です。
蜂蜜酒では珍しいスパークリングであり、口に含めばスパークリング独特の爽快感と蜂蜜の風味が広がります。
他の蜂蜜酒よりも蜂蜜そのものの味が薄いですが、スパークリングワインを飲みなれていて、かつ蜂蜜酒は初めてだという方には非常におすすめです。
アルコール度数はドクターディムースと同じく11%です。
菊池酒造はシークレット・オブ・クレオパトラの他に「HONEY Rich」という蜂蜜酒も販売しています。こちらはアルコール度数7.5%で、甘く濃厚な口当たりが飲みやすいと評判です。

蜂蜜酒は飲みやすいお酒

お酒と聞くと苦味や辛味があり大人の味の認識が強く、苦手と言う方も多いです。
蜂蜜酒はほとんどが甘く、アルコール初心者でも非常に飲みやすい口当たりが特徴的です。
ビールや焼酎などは苦手だけど、お酒に挑戦してみたいという方は、一度蜂蜜酒を試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA