蜂蜜のカロリーは低いのかそれとも高いのか

蜂蜜は独特の甘みと風味が魅力の天然の甘味料です。砂糖は摂りすぎると肥満の原因になると考えられているため、蜂蜜も糖度が高いので砂糖と同じような認識をしている人が多いです。蜂蜜のカロリーは低いのか、それとも高いのか、気になるところです。今回は蜂蜜のカロリーはどのくらいなのか、蜂蜜を食べることで期待できる効果と併せて紹介します。

蜂蜜のカロリーは砂糖に比べて低い

蜂蜜のカロリーはどのくらいあるのかピンとこない、という人が多いのではないでしょうか。砂糖と比べると、蜂蜜のほうが甘みを強く感じることから、蜂蜜のカロリーのほうが高いイメージがあるかもしれません。しかし蜂蜜のカロリーは砂糖よりも低いのです。

・砂糖100gあたりのカロリー・・・384キロカロリー

・蜂蜜100gあたりのカロリー・・・294キロカロリー

100gあたりで見ると、砂糖よりも蜂蜜のほうが90キロカロリーも低いのです。しかしここで気を付けてもらいたいのが、グラム数だと蜂蜜のほうがカロリーが低いという点です。実は大さじにすると蜂蜜のカロリーのほうが高くなってしまうのです。

・砂糖大さじ1杯・・・35キロカロリー

・蜂蜜大さじ1杯・・・63キロカロリー

蜂蜜は液体なので、大さじ1杯で20gほどとなります。一方砂糖は大さじ1杯は約9gなので、重さだと半分以下です。そのため、大さじ1杯の砂糖は大さじ3分の1の砂糖と同等と考えていいでしょう。

蜂蜜は低カロリーで甘みを感じやすい

もうひとつ注目すべき点は、蜂蜜は砂糖よりも甘みを感じやすいということです。砂糖よりも1.3倍ほど甘みを感じるため、よりカロリーカットを実現することができます。蜂蜜で砂糖の代用をする場合、砂糖と同じ量でなくもっと少ない量でも同じくらいの甘みを感じることができるということも「蜂蜜のカロリーは低い」と言われている理由のひとつです。

蜂蜜にはダイエット効果が期待

蜂蜜はダイエットの強い味方でもあるのです。蜂蜜はゆっくりと体に吸収されるので、血糖値の上昇が緩やかにする働きがあります。そのため体脂肪が付きにくい体作りのサポートをしてくれます。また、甘いものは厳禁のダイエット中でも、蜂蜜は安心して食べられる食品です。甘みの強い蜂蜜をひと舐めするだけで、体の飢餓状態が和らぎ食べ過ぎを抑制してくれます。寝る1時間前に蜂蜜をひと舐めするだけで痩せられるというダイエット法も注目されています。寝る1時間前に蜂蜜を舐めることで質のいい睡眠へと導きます。質のいい睡眠がとれることで成長ホルモンの分泌を促し、寝ている間にも脂肪燃焼を促すことが目的のダイエット法です。蜂蜜はカロリーが低いだけでなく、痩せやすい体質作りに大きく役立つと考えられています。

砂糖の代わりに蜂蜜を代用しよう

蜂蜜のカロリーは砂糖に比べて低いことがわかりました。同じ量でも強い甘みを感じるため、少量でも満足感があることも特徴です。少量でいいのでコストパフォーマンスもいいですし、何よりダイエットの強い味方であることも蜂蜜の魅力です。砂糖の代わりに蜂蜜を取り入れることで、カロリーをカットするとともに健康的な体作りに役立ててください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA