風邪に効果的な蜂蜜大根の作り方と簡単な作り方

蜂蜜大根とは

蜂蜜大根は江戸時代から作られている滋養食であり、祖母が作ってくれたから知っているという方がとても多いです。
蜂蜜と大根さえあれば作れる、簡単かつ手軽な食品であるため、蜂蜜大根について知らなかった方も是非一度作ってみてください。

芸能人も食べている蜂蜜大根

女優である優香が一番ハマっている健康法として、蜂蜜大根が取り上げられ、一時期話題となりました。蜂蜜大根は喉にも良く、芸能人のほか多くの声優にも親しまれています。
常に健康であり、綺麗でいなければいけない芸能人の愛用する蜂蜜大根には、優れたいくつも効能があります。

蜂蜜大根の効果

蜂蜜大根は、大根に蜂蜜を付けて食べるというより、小さく刻んだ大根を蜂蜜につけ、それをスプーンですくってシロップのように食べます。
蜂蜜大根にはのどの炎症や咳を抑える効果があるため、風邪気味の時にはピッタリの食品です。妊娠中で、風邪薬などあまり使いたくないという方には非常におすすめです。
そのまま飲むと少々喉がイガイガするので、お湯や水で割り飲みやすく工夫する方もいらっしゃいます。
そもそも蜂蜜は、抗炎効果や咳止め効果が期待される食品です。大根には免疫力の上昇に効果的なビタミンCが豊富に含まれていて、あの独特な苦味には菌を弱らせる力もあります。
蜂蜜と大根の相乗効果によって、風邪や体力低下に非常に効果のあるシロップが出来上がります。

蜂蜜大根の作り方

一般的な蜂蜜大根の作り方をご紹介いたします。必要な材料は大根がおよそ250g、蜂蜜が150g程度使います。分量は細かく計算せず、大体の数値でも問題なく作れます。
作り方は、まず蜂蜜を密閉性のある容器に入れます。ガラス瓶が一番良いでしょう。そして大根を1センチ角に切り、蜂蜜の入った容器に入れてください。
そして常温で2~3時間から半日程度漬けたら完成です。しっかり漬けられたと思ったら、まずスプーンで蜂蜜を混ぜてみてください。大根の水分が蜂蜜に溶けて、蜂蜜がサラサラになれば食べごろです。

蜂蜜大根はいつまで保存できるのか

蜂蜜は賞味期限が実質無いことで有名ですが、水分たっぷりの蜂蜜大根は、2~3日で使い切らないと悪くなってしまいます。
長く保存できない食品ですので、漬けてからは冷蔵庫で保存することをおすすめします。
ですので、あまり多く作りすぎないようにしましょう。もし消費しきれないようでしたら、ジュースにしたりお湯割りで飲むとあっという間になくなるでしょう。

蜂蜜大根の美味しい使い方

通常通りに蜂蜜大根を作り、漬けるために放置する前に、スライスしたしょうがとレモンを加えることによって、さらに体力回復効果を高められます。
どれも風邪には効果的な食材であり、蜂蜜に着けることでしょうがの匂いも気にならないので、子どもでも美味しく飲めます。
そのままお湯を入れると、蜂蜜の風味が高いレモネードにもなりますので、風邪気味でなく元気をつけたいときにもおすすめできるドリンクです。

使い勝手の良い蜂蜜

蜂蜜は風邪に効果がある食品ですが、毎日摂取することで様々な健康・美容効果が期待できます。
使わない方から見ると本当になじみのない食べ物ですが、この機会に蜂蜜について知り、実際に使ってみていただきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA