蜂蜜を取り入れて上手に糖質コントロールをしよう

糖質制限ダイエットが注目されています。糖質を上手にコントロールすることはなかなか難しく、糖質制限ダイエットを始めても思うような効果が得られないという人も少なくありません。そこでおすすめしたいのが、蜂蜜を取り入れた糖質コントロールです。蜂蜜を取り入れた上手な糖質コントロールの方法を紹介します。

糖質制限ダイエットとは

糖質制限ダイエットとは、炭水化物ダイエットとも呼ばれているダイエット法です。米や小麦、イモ類など炭水化物を制限することで血糖値の上昇を抑えることが目的です。血糖値の上昇が抑えられることでインスリンの分泌を減らし、糖を脂肪に変えることを押さえることで減量につなげるという方法です。糖質制限ダイエットを本格的に始めようとすると、主食はもちろん、大豆以外の豆類や根菜、果物、乳製品なども糖質や炭水化物が多く含まれるためNGとなり、食べられるものが限られてしまいます。すべての糖質をカットしようとすると精神的に追い詰められてしまうこともあるので注意が必要です。初めからすべての糖質をカットするのではなく、血糖値が上がりにくい食品を取り入れるなどして上手に糖質をコントロールすることが大切です。

蜂蜜で糖質をコントロールしよう

蜂蜜は甘い食品なので、もちろん糖質が含まれています。蜂蜜は単糖類という部類に分類され、血糖値の上昇にも大きく関わっているのですが、蜂蜜には果糖が多く含まれるため

血糖値を緩やかに上昇させることがわかっています。果糖は吸収が緩やかでダイエット中でも使いやすい甘味料として注目されています。注意したいのは糖質コントロールに使用する蜂蜜の種類です。特にアカシアの蜂蜜は血糖値の上昇に関わるGI値が低く、糖質制限をしている人におすすめです。アカシアの蜂蜜を取り入れることで、安心して糖質コントロールをすることが可能です。また、蜂蜜には加工品や加熱処理をしてあるものもありますが、添加物などが含まれていない天然の蜂蜜100%のものを選ぶことが大切です。

蜂蜜は栄養価が高くカロリーが低い

砂糖にはミネラルやビタミンはほとんど含まれていませんが、蜂蜜にはビタミンCやビタミンB群、ナトリウムやカリウムも含まれていて、砂糖にはない栄養を摂取することができます。蜂蜜に含まれているブドウ糖はエネルギーに変換されやすいという性質もあります。また、砂糖に比べて蜂蜜はカロリーが低いことも魅力です。砂糖は100gあたり384キカロリー、蜂蜜は100gあたり294キロカロリーと90キロカロリーも低く、ダイエットの強い味方です。砂糖を上手に蜂蜜に置き換えることで、糖質を制限しつつカロリーもしっかり抑えることができます。

蜂蜜を上手に取り入れよう

糖質をコントロールすることはダイエットにも大きく役立つことがわかっていますが、糖質の性質をきちんと知ることで糖質をうまくコントロールすることが大切です。いきなり糖質を制限するのではなく、初めは糖質を減らす食生活を心がける程度でOKです。砂糖の代わりに蜂蜜を使うことでも糖質をコントロールすることにつながりますから、普段の生活で上手に蜂蜜を取り入れてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA