蜂蜜代用でカロリーオフ 砂糖と置き換える方法とは

普段の料理などで砂糖の代わりに蜂蜜を使いたいと思っている人もいるのではないでしょうか。砂糖よりも健康的なイメージがある蜂蜜ですが、実際に砂糖よりも蜂蜜のほうがカロリーが低く、料理などに蜂蜜を使うことでより深い甘みとコクを出すことができます。「砂糖を蜂蜜に置き換える方法がわからない」という人のために、上手な置き換え方法を紹介します。

蜂蜜はどのくらいカロリーオフになる

蜂蜜は砂糖よりもカロリーが低いといわれていますが、砂糖から蜂蜜に置き換えることでどのくらいカロリーをカットすることができるのでしょうか。砂糖のカロリーは100gあたり384キロカロリー、蜂蜜のカロリーは100gあたり294キロカロリーです。グラム数で見ると90キロカロリーもカロリーオフになることがわかります。さらに注目すべきなのは、蜂蜜は砂糖よりも1.3倍甘みを感じるという点です。たとえば5gの蜂蜜で計算すると、5×1.3=6.5なので、砂糖6.5g分相当の甘みを蜂蜜5gで感じることができるというわけです。

砂糖から蜂蜜に置き換える方法

これだけカロリーオフになるのなら、どんどん砂糖から蜂蜜に置き換えたくなりますよね。ついうっかり蜂蜜を使いすぎないように、きちんと計算して置き換えることがポイントです。

◎大さじ表記の場合

レシピ本などで砂糖の量が「大さじ2杯」など大さじや小さじで表記されていることがあります。この場合、そのまま蜂蜜も大さじ2杯で使ってしまうと砂糖よりも多く蜂蜜を使ってしまいます。砂糖大さじ1杯は9g、蜂蜜大さじ1杯は21gなので注意しましょう。ここで先に紹介した『蜂蜜は1.3倍の甘さ』を使います。蜂蜜小さじ1杯は7gですが、7×1.3=9.1(g)となり、小さじ1杯の蜂蜜で大さじ1杯の砂糖と同等の甘さを得られることがわかります。砂糖が大さじ2杯の場合は、蜂蜜は小さじ2杯弱でOKです。

◎グラム表記の場合

大さじ表記ではなく「50g」などグラム表記の時は、きちんと計算して置き換えましょう。

砂糖から蜂蜜に置き換える場合・・・砂糖の重さ÷1.3=蜂蜜の重さ

蜂蜜を同じ甘さに砂糖に置き換える場合・・・蜂蜜の重さ×1.3=砂糖の重さ

この計算を応用すると、50gの砂糖を蜂蜜に置き換えたい場合は、50÷1.3=38.46gとなります。

毎日継続してカロリーをカット

1日に食べる砂糖の量はさほど多くはありませんが、毎日継続して置き換えていくことでカロリーを確実にカットしていくことができます。砂糖から蜂蜜に置き換えることでカロリーオフになるだけでなく、蜂蜜にはお腹の調子を整えたり疲労回復に役立つなどの効果も期待されています。無理のない程度に蜂蜜に置き換えてみてはいかがでしょう。

蜂蜜を活用しよう

いかがでしたか?蜂蜜は砂糖よりも1.3倍も甘みを感じることを始めて知ったと人もいるのではないでしょうか。少量でしっかり甘みを感じることができる蜂蜜は、飲み物の甘味料として、料理の照りやコク出しの調味料として、様々な用途で取り入れてみてください。蜂蜜を取り入れる際は、糖分や香料などの添加物が含まれていない天然の蜂蜜を選ぶことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA