蜂蜜酒を一番おいしく飲むための方法

蜂蜜酒の多彩な飲み方

蜂蜜酒は数あるアルコールの中でも甘いお酒に分類されます。ホットでもアイスでも美味しく飲める蜂蜜酒ですが、今回はストレートに蜂蜜酒を楽しめる飲み方や、もう一工夫加えた美味しい飲み方をご紹介いたします。

とりあえずストレートで飲もう

蜂蜜酒の味はワインに似ています。まずは冷やして、そのまま飲んでみてください。
食前酒や食後のデザートワインに非常に合う蜂蜜酒は、蜂蜜の芳醇な香りと爽やかで軽い飲み心地であるため、つい飲み過ぎてしまうかもしれません。
食事中に飲むワインにも適しており、濃い味付けの料理と相性が良いです。
蜂蜜酒の中には日本産のシークレット・オブ・クレオパトラのようなスパークリングな蜂蜜酒もあります。商品やブランドによって個性的な味を楽しめますので、蜂蜜酒がお好きな方は絶の種類も試してみていただきたいです。

甘みが強く濃厚な蜂蜜酒

外国産の蜂蜜酒に多いですが、他と比べとても甘く濃厚な蜂蜜酒があります。
そのまま飲むのは少しきついという場合には、アフォガードのようにバニラアイスに掛けてみてください。
蜂蜜酒をアツアツに温めてから掛けると、まるで喫茶店で高級アイスを食べているかのような贅沢感があります。

蜂蜜酒を凍らせて食べる

そ暑い夏の日にはデザートとして、蜂蜜酒を凍らせて食べるのもおすすめです。
お酒を凍らせると味が偏ってしまいそうですが、蜂蜜酒は均等に凍るため、最初から最後まで一番おいしい味を楽しめます。凍らせた後さらに蜂蜜を垂らして食べても、本物のデザートのように味わえます。
瓶のまま凍らせると食べられませんので、当然ですが、一度別容器に入れてから凍らせましょう。
蜂蜜酒のような甘いお酒を多く飲めない方でも、蜂蜜酒を美味しく頂ける飲み方があります。
凍らせるまではいかなくても、その直前までしっかり冷やしてから飲むと、甘みや味が冷気で引き締まり、凝縮された風味をそのまま美味しく頂けます。
蜂蜜酒でなくても、甘いお酒はがっちり冷やせば甘さもある程度抑えられるため、貰い物などで甘めのお酒を貰った方は試してみてください。

蜂蜜酒をトッピングで楽しむ飲み方

既に商品として売られていますが、蜂蜜酒にレモンを添えて飲むと、同時にクエン酸も補給できて口の中をさっぱりリセットできますのでおすすめです。
甘さを抑えて、バランスの良い口当たりになります。甘めの蜂蜜酒を手に入れた方は一度、レモン汁を垂らしてみたり輪切りのレモンをグラスに浮かべて飲んでいただきたいです。
逆に、思ったよりも甘みが無く飲みづらい場合には、さらに蜂蜜を加えてみてください。出来れば、純度100%の蜂蜜が良いでしょう。

蜂蜜酒を別のお酒で割る飲み方

蜂蜜酒をビールやウイスキーで割って飲む方もいらっしゃいます。お酒好きな方ならば受け入れられますが、あまりアルコールが得意でない方にはおすすめできません。
お酒の苦い・辛い味が苦手と言う方でも美味しく飲める蜂蜜酒ですので、単純に炭酸水や水割りにしても美味しくいただけます。

蜂蜜酒はワインと同じ飲み方

蜂蜜酒の作り方はワインとよく似ていて、それ故味も似ています。基本的にはワインと同じように飲むのがベーシックな飲み方です。
蜂蜜酒の飲み方がいまいちよく分からない方は、是非今回の飲み方を真似してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA