蜂蜜は食べ方で効果が変わる?蜂蜜の最も効果的な食べ方

蜂蜜は食べ方で効果が変わる

蜂蜜はそのまま掬って食べるだけでも体に良い効果がありますが、他の食材と一緒に食べることによって、さらに食べやすく効果的に摂取できます。
ただ、健康のために蜂蜜を食べているのに、間違った方法で摂取していてあまり効率的に栄養が摂れていない方もいらっしゃいます。
今回は蜂蜜の効果的な食べ方と、間違った食べ方についてご紹介いたします。

蜂蜜の間違った食べ方

蜂蜜は生ものであり、加熱すると含まれている栄養成分が消えてしまいます。もちろん全ての成分が無くなることはありませんが、栄養を摂るために蜂蜜を食べているのであれば、その効果は半減してしまうでしょう。
安価の蜂蜜は大量生産のため加熱処理されている物が多く、それに砂糖や水飴も加えられているため蜂蜜としての栄養はほぼ期待できません。

蜂蜜の健康・美容効果を求めるのでしたら、少々お高いですが蜂蜜専門店で買う方が確実です。専門店の蜂蜜は、スーパーなどで売っている安価のものと味も全く違い、料理の隠し味にしても紅茶に入れても非常にコクが出て美味しいです。
蜂蜜好きなら、是非一度蜂蜜専門店に行ってみてください。

蜂蜜の効果的な食べ方

上記の通り、蜂蜜は生で食べるのが一番効果的な食べ方です。しかし、蜂蜜をそのまま食べるのはきついという方も多いでしょう。
そのような場合は、蜂蜜と他の食材を組み合わせて食べてみてください。
おすすめは、紅茶に蜂蜜とレモンを浮かせたハニーレモンティーです。
蜂蜜にも疲労回復効果はありますが、それにレモンのクエン酸を加えることで体内の疲労物質をさらに除去し、温かい紅茶で体を落ち着かせることで高いリラックス効果が期待できます。

他にも、定番ですがパンケーキやホットケーキに蜂蜜をかけたり、焼いた後のトーストにかけるなども効果的な蜂蜜の食べ方です。
朝食としてよく食べられるシリアルにも、牛乳とともに掛けて食べると、蜂蜜を習慣的に摂取できるでしょう。

あまり話は聞きませんが、チーズやお餅に蜂蜜をかけても美味しくいただけます。
どれもつい食べ過ぎてしまうほど美味しいですが、蜂蜜は健康食以前に糖分であり高カロリーですから、あまり摂りすぎないように気を付けましょう。

風邪をひいた時に使える蜂蜜の食べ方

蜂蜜には、風邪の症状を緩和する効能もありますが、これをさらに効果的に使う方法をご紹介いたします。
蜂蜜の中に小さく切った大根を漬け、大根の水分が蜂蜜に溶けたらそのシロップを飲んでください。
大根のビタミンCで免疫力を上げ、同時に蜂蜜の抗炎・殺菌効果でのどの痛みを和らげます。
蜂蜜だけを飲むと喉が以外がして余計に苦しくなることも考えられますので、もし蜂蜜しかない場合は水やお湯、牛乳で溶いて飲んでください。

蜂蜜を賢く使う

蜂蜜は、毎日の健康を支える高栄養価の食品ですが、他の食材と併せることによってさらに高い健康的な効果を発揮します。
風邪をひいてしまった時の滋養食としても使え、かつ賞味期限が非常に長いため、家に1つ置いてあると安心できる食品です。
蜂蜜の種類や殺菌方法によっては、その栄養が無くなっていることもありますので、蜂蜜を効果的に使いたいのであれば、少し高いですが質の良い純粋な蜂蜜を使いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA