蜂蜜酒のおいしい飲み方5選 蜂蜜酒の甘みを楽しもう

蜂蜜酒というお酒をご存知ですか?蜂蜜酒とは、蜂蜜と水を発酵させたお酒で、蜂蜜独特の甘みを感じられる甘口のお酒です。白ワインよりも甘みを感じやすく、お酒が苦手な人でも飲みやすいため、ここ数年注目を集めています。蜂蜜酒の特徴は、その甘み。よりおいしく蜂蜜酒を味わうために、おすすめの飲み方を5つ紹介します。定番の飲み方から新しい飲み方まで紹介しますので、お気に入りの飲み方を見つけてみてください。

まずはそのまま蜂蜜酒を味わおう

蜂蜜酒を初めて飲むという人は、まずは蜂蜜酒そのものの味を確かめるために、軽く冷やしたものをそのままストレートで飲んでみてください。白ワインのような飲み口ではあるものの、蜂蜜独特の風味と甘みを存分に感じられるはずです。甘みが強いことも蜂蜜酒の特徴ですが、初めは冷やしすぎないようにしてみましょう。ワインセラーがある場合は白ワインの温度で保管してもらって構いません。一般的な冷蔵庫で保存する場合は、野菜室で保存するのがおすすめです。

蜂蜜酒をロックで飲もう

蜂蜜酒は冷やしたものをストレートで飲むことが、一番蜂蜜酒のおいしさを味わうことができます。しかし人によってはお酒が弱い人もいるでしょうし、蜂蜜酒の中にはアルコール度数が16%ほどあるものもあります。その場合は、蜂蜜酒をロックで飲むのがおすすめです。蜂蜜酒に氷がゆっくり解けていくことで、飲み始めと飲み終わりの味の違いを楽しむこともできます。

夏は蜂蜜酒を凍らせてデザートにしよう

強い甘みのある蜂蜜酒なら、凍らせてシャーベット状にしていただくのもおすすめです。蜂蜜酒は均等に凍っていくので、一部分だけ味が濃いということがありません。浅いタッパーなどに蜂蜜酒を入れて冷凍庫で凍らせ、スプーンでシャリシャリとほぐしたものをデザート皿に盛り付けていただきましょう。さっぱりとした口当たりが魅力です。

バニラアイスにかけてもおいしい

さらにデザートとして楽しみたいなら、バニラアイスクリームに蜂蜜酒をかけて食べてみてください。バニラアイスと蜂蜜はもともと相性のいい組み合わせですから、蜂蜜酒ともマッチします。ほんのり蜂蜜の風味と甘みがバニラアイスと絡み、大人のデザートが完成します。

冬は温めてホット蜂蜜酒として飲んでみよう

甘みが強い蜂蜜酒は冷やしたほうが飲みやすく感じますが、50度から60度ほどの温度に温めてもおいしくいただけます。温めることで蜂蜜の甘みをしっかり感じることができるだけでなく、体を温める効果も期待できるので、寝る前に少量のホット蜂蜜酒を飲むのもおすすめです。レンジで加熱してもいいですし、お湯割りにして飲んでもいいでしょう。

お好みの飲み方を見つけよう

蜂蜜酒は様々な飲み方ができるということも魅力です。今回は蜂蜜酒の5つの飲み方を紹介しましたが、ほかにもウイスキーやブランデーで割って飲んだり、さらに蜂蜜をちょっとだけプラスして飲むこともおすすめです。いろいろな飲み方で飲んでみて、自分の好みの飲み方を見つけてみてはいかがでしょう。また、銘柄によっても味や香りが変わりますので、いろいろな銘柄を飲んでみて好みの銘柄を見つけることを楽しんでみてもいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA