蜂蜜の効果的な食べ方を知りたい おすすめの食べ方3選を紹介

蜂蜜を健康のために毎日取り入れているという人も多いでしょう。トーストにかけたり紅茶に混ぜたり、料理の調味料としても使うことができる、いわば万能調味料といってもいいかもしれません。健康効果や美容効果も期待できる蜂蜜ですが、間違った食べ方をしているとその効果を十分に得ることができません。そこで今回は、蜂蜜の効果的な食べ方を3つ紹介します。参考にしてみてください。

蜂蜜を間違った食べ方をしていませんか

蜂蜜には疲労回復や肥満予防、腸内環境を整える作用、アンチエイジングや美肌効果など、様々な効果効能が期待されています。皆さんは普段どのような方法で蜂蜜を食べていますか?トーストやヨーグルトにかけて食べているという人も多いでしょうが、料理の隠し味として入れている人も多いと思います。実は、蜂蜜に含まれている成分は加熱すると失われてしまうといわれています。そのため、加熱するものに蜂蜜を加えて摂取するという方法は、『蜂蜜の効果を得る』という面で見たときにはあまりおすすめできません。

蜂蜜の効果的な食べ方3選

ここでは蜂蜜の効果的な食べ方を3つ紹介します。

◎レモンの蜂蜜漬け

レモンは国産のものを使うのがおすすめです。重層を溶かした水でレモンを洗い、農薬を落とします。表面の水気を拭き取ったレモンを好みの幅にスライスし、清潔で水気のない容器に入れます。レモンがかぶるくらいまで蜂蜜を入れ、冷蔵庫で1日から2日ほど漬けます。レモンをそのまま食べてもいいですし、蜂蜜を炭酸水などで割って飲むのもおすすめです。

◎ナッツの蜂蜜漬け

お好みのナッツを数種類用意します。アーモンドやカシューナッツ、クルミやヘーゼルナッツなどなんでもいいですが、塩分のないものを選びます。フライパンで10分ほど乾煎りし、粗熱を取ります。清潔な容器にナッツを入れ、ひたひたの蜂蜜を入れます。ふたをして1週間ほど漬けたら完成です。漬かったナッツをそのまま食べたり、蜂蜜をトーストにかけてもおいしいです。

◎ヨーグルトや牛乳に混ぜて食べる

蜂蜜は乳製品との相性が抜群です。プレーンヨーグルトにかけて、人肌に温めた牛乳に混ぜて取り入れましょう。チーズに蜂蜜をかけて食べるのもおすすめです。

蜂蜜は加熱処理されていなものを選ぼう

蜂蜜には加熱処理されているものとされていないものがあります。蜂蜜の効果を得るには、加熱処理されていないものを選ぶことがポイントです。手が加えられていない蜂蜜は、ほんの少しの濁りが確認できます。瓶を逆さにするときめの細かい泡が出ることも多いです。おいしく蜂蜜を食べるためには、好みの味の蜂蜜を選ぶこともポイントです。今回紹介した蜂蜜の効果的な食べ方をする場合、クセの少ない蜂蜜が合います。アカシアやレンゲの蜂蜜を使うと食べやすいのでおすすめです。

蜂蜜を毎日取り入れよう

今回は蜂蜜の効果的な食べ方を3つ紹介しましたが、いかがでしたか?どの食べ方も簡単に作ることができ、おいしいことが魅力です。効果的な食べ方を毎日続けることで、健康的で生き生きとした生活へとつながるはずです。お好みの蜂蜜を見つけ、効果的な食べ方を試してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA