蜂蜜ビギナー必見 蜂蜜の種類と効果を紹介

「蜂蜜はどれを食べても同じ」なんて思っていませんか?蜂蜜には実はたくさんの種類があり、集める花の蜜によってその香りやフレーバーが大きく異なることが魅力です。今回は蜂蜜ビギナー必見の、蜂蜜の種類と特徴を紹介します。蜂蜜のうれしい効果についても紹介しますので、参考にしてみてください。

レンゲの蜂蜜

レンゲの花の蜜から作られた蜂蜜は、上品な甘さとほのかに香るフローラル系の香り、そしてほんの少しだけ感じる酸味が特徴です。クセが少なく蜂蜜の濃厚な味わいを楽しむことができます。ホットミルクやトーストなど、蜂蜜のおいしさをそのまま楽しむことができる食べ方がおすすめです。日本産の蜂蜜ではレンゲがもっとも多く出回っています。

アカシアの蜂蜜

薄い黄金色が特徴のアカシアの蜂蜜は、クセがほとんどなくまろやかな甘みが特徴です。蜂蜜独特の甘みが苦手という人も食べやすく、さっぱりとした味わいを楽しめます。そのまま舐めてもOKというくらい、すっきりした後味です。

トチの蜂蜜

東北地方が原産の蜂蜜にはトチの蜂蜜がよく見られます。トチの蜂蜜はトチの花の香りの特徴でもある柔らかい香りと甘みを楽しめます。レンゲやアカシアに比べるとややクセを感じるかもしれませんが、比較的食べやすい蜂蜜です。

クローバーの蜂蜜

日本産ではあまり見かけませんが、カナダやニュージーランドでは最高級とされる蜂蜜です。色は薄く上品な甘みとクセのない味わいが特徴です。フローラルの香りを楽しむことができます。紅茶との相性抜群です。

ソバの蜂蜜

ソバの蜂蜜は色が濃く、非常にクセが強いことが特徴です。鉄分の含有量がレンゲの蜂蜜に比べて50倍もあり、栄養価が高いことでも注目されています。料理の隠し味として使われることが多いです。

リンゴの蜂蜜

りんご特有の酸味とフルーティーな香りが特徴の蜂蜜です。生産量が限られているため、高級な蜂蜜として流通しています。クセが少ない蜂蜜なので、ヨーグルトやケーキにトッピングしていただくのがおすすめです。

気になる蜂蜜の効果は

蜂蜜は健康食品としても注目されています。蜂蜜には強い殺菌効果があるため、のどの痛みや咳止め、口内炎の予防や虫歯予防、胃の調子を整える作用などが期待されています。また、高い保湿効果もあり、美容面でもうれしい効果がたくさんあります。蜂蜜を食べれば内側からアンチエイジングをサポートし、パックとして取り入れれば外側から乾燥を防ぎ潤いのある肌作りに役立ちます。洗顔に蜂蜜を1滴たらしたり、唇に塗ってパックしたりと使い道は様々です。ダイエット効果も注目されている効果のひとつです。蜂蜜は血糖値を緩やかに上昇させることがわかっており、太りにくい体作りに有効です。糖尿病予防や糖尿病の治療に使われることもあります。

お好みの種類の蜂蜜を見つけてみては?

今回は7種類の蜂蜜を紹介しましたが、市場に出回っている蜂蜜の種類はもっとたくさんあります。栗やミカン、ラベンダーや菩提樹、さらには百花蜜といって様々な花の蜜から取れた蜂蜜をブレンドした蜂蜜もあります。香りや味はどれも異なるので、いろいろな蜂蜜を試してみてお好みの蜂蜜を見つけてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA