砂糖より低カロリー 砂糖を蜂蜜に置き換える5つのメリット

砂糖よりも低カロリーで後味がすっきり、健康効果も期待される蜂蜜は、今最も注目されている食品ではないでしょうか。甘味料として使うことができる蜂蜜は、砂糖の置き換え食品として使用することもできます。今回は砂糖を蜂蜜に置き換える5つのメリットについて紹介します。

低カロリーでダイエット効果が期待

蜂蜜のカロリーは100gあたり294キロカロリーで、砂糖は100gあたり384キロカロリーです。100gあたり90キロカロリーもカロリーが低いため、砂糖から蜂蜜に置き換えるだけでカロリーカットが実現します。蜂蜜は砂糖の1.3倍甘みを感じるため、3分の1程度の量で同じ甘さにすることができることも魅力です。砂糖大さじ1杯のところ蜂蜜なら小さじ1杯で十分な甘みを感じられます。砂糖を蜂蜜に置き換えたい場合、『砂糖のグラム数÷1.3』をすると、必要な蜂蜜のグラム数を知ることができます。

砂糖にはない栄養が含まれている

砂糖にはビタミンやミネラルといった栄養成分は含まれていません。しかし蜂蜜にはビタミンB群やビタミンCなどのビタミン類はもちろん、カリウムや鉄といったミネラルも含まれています。ミネラルは27種類、アミノ酸は22種類、酵素は80種類と豊富な成分を含んでいることが魅力です。砂糖から蜂蜜に置き換えることで、砂糖では摂取することができない栄養をしっかりと摂取することができるのです。

消化吸収が早くエネルギーに変わりやすい

蜂蜜の主成分は糖分です。蜂蜜の糖分は果糖とブドウ糖で、砂糖に含まれているショ糖に比べて消化吸収が早い性質があります。果糖もブドウ糖も、これ以上分解する必要がない単糖類という糖類に分類されていて、即エネルギーに変換されます。体に溜まりにくく効率よく体のエネルギーとして使われます。

強い殺菌作用で風邪予防

蜂蜜には様々な健康効果が期待されていますが、そのひとつが強い殺菌作用による風邪予防です。特にのどの痛みや咳に効果があるといわれています。のどの調子が悪い時に蜂蜜をひと舐めするだけで、のどの細菌を殺菌しのどの痛みを緩和します。普段から蜂蜜を取り入れることで風邪予防にもつながります。風邪予防だけでなく、お口の健康を守る効果も期待されています。虫歯菌の繁殖を防ぎ虫歯になりにくい口内環境を作ります。

料理に使えば照りとコクがアップ

煮物や焼き物などを作るときに、砂糖をたっぷり使うレシピもたくさんあります。砂糖から蜂蜜に置き換えることでカロリーをカットすることもひとつの目的ですが、照りやコクをアップさせることもできます。お肉や魚の下味に少量の蜂蜜を使うことで、肉は柔らかく魚は臭みを取ることができます。お米を炊くときに少量の蜂蜜を加えるだけでふっくらと炊きあがります。

蜂蜜に置き換えて健康的に過ごそう

砂糖を蜂蜜に置き換えたときの5つのメリットを紹介しましたが、いかがでしたか?ほかにも肌の乾燥を防いだり血行を促進してくれるなどの効果が期待されています。蜂蜜は低カロリーだからといって食べ過ぎてしまうと、結局のところ高カロリーになってしまい蜂蜜の効果を実感できないかもしれません。蜂蜜の量は適量を心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA