糖質ダイエットに蜂蜜を取り入れる3つのポイント

糖質ダイエットとは、摂取する食品の糖質を減らし脂肪を溜めにくい体質へと傾けることが目的のダイエット法です。糖質ダイエット中は炭水化物を中心に糖類の摂取を控えることが必須ですが、蜂蜜はどうなのでしょうか。蜂蜜にはダイエット効果があることも注目されていて、健康食品として取り入れている人も多いです。今回は糖質ダイエットに蜂蜜を取り入れる際に押さえておきたい3つのポイントを紹介します。

砂糖より蜂蜜のほうが糖質が低い

糖質ダイエットでは、糖質をほとんど摂らないという方法を行う人も少なくありませんでしたが、近年では体の機能を維持するために必要最低限の糖質を摂取することが好ましいとされています。それでもなるべく摂取する糖質を押さえたいのが糖質ダイエットです。砂糖に含まれる糖質は100gあたり99.2gですが、蜂蜜に含まれる糖質は100gあたり79.7gと砂糖よりも少ないことがわかります。同じ量だけ蜂蜜を食べても、摂取する糖質の量は砂糖よりも少ないため、糖質ダイエットに向いているといえるでしょう。また蜂蜜は砂糖よりも低カロリーなので、カロリーカットも実現することができます。さらに嬉しいのは蜂蜜は砂糖よりも1.3倍甘みを感じる甘味料です。少量でも満足感を得られるので、糖質ダイエットに蜂蜜を取り入れるときは、砂糖よりも少なめを心がけましょう。

蜂蜜が疲労回復に役立つ

糖質ダイエットをして糖質を制限していると、どうしてもエネルギー不足になりがちで体が疲れやすくなってしまいます。糖質を控えることで脂肪が溜まりにくい体質に傾きますが、エネルギーも作りにくいということがあります。そんな時に蜂蜜を取り入れることで、体に素早く吸収されてエネルギー変換されます。蜂蜜はこれ以上分解される必要がない単糖類というカテゴリーに分類されているため、摂取すると比較的早くエネルギーとなり、体の疲労を回復するために働いてくれるのです。

寝る前に蜂蜜を取り入れよう

今じわじわと人気が上昇しているダイエット法があります。それは寝る前に蜂蜜をひと舐めするだけという簡単なダイエット法です。寝ている間に分泌される成長ホルモンを活性化させることで、寝ている間にも脂肪燃焼を促すことが目的です。成長ホルモンの分泌を促すためには糖質が欠かせません。蜂蜜は低カロリーで消化吸収が早く、寝る前に食べても蓄積されずにエネルギー源となり、成長ホルモンの分泌に役立つというわけです。糖質ダイエット中でも寝る前に蜂蜜を舐めるダイエット法を並行して取り組んでいる人も多いです。寝る前に甘いものを食べるということは、ダイエットと矛盾しているように感じるかもしれませんが、寝ている間にも体をしっかり機能させるための栄養源と考えるといいでしょう。

蜂蜜で糖質ダイエットを楽しく

糖質ダイエットと聞くと、あれもこれも食べてはいけないというイメージがありますが、そこまで難しく考える必要はありません。ご飯の量を半分にする、全粒粉のパンに変えるなど、気軽に始められることからスタートしてみてはいかがでしょう。それにプラスして、甘味料を砂糖から蜂蜜に置き換えてみるということも一緒に取り組むことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA