蜂蜜大さじ1杯の糖質は 上手に取り入れて糖質量を減らそう

糖質制限ダイエットをしていると、炭水化物や甘味料をなるべく控え、糖質量を減らさなければいけません。蜂蜜は甘味料のひとつで、蜂蜜にも糖質が含まれています。糖質制限ダイエットをしていると、「蜂蜜も食べてはいけないの?」と思うこともあるかもしれません。蜂蜜の糖質量に注目し、摂取量を上手に減らしていくことでダイエットを成功へと導きます。今回は蜂蜜大さじ1杯の糖質量に注目し、効果的にダイエットに結び付ける方法を紹介します。

蜂蜜大さじ1杯には約17gの糖質

蜂蜜は砂糖よりも強い甘みを感じるため、糖質量も多いというイメージがあります。蜂蜜大さじ1杯は約21gあり、カロリーは約62キロカロリー、糖質量は16.8gとされています。砂糖と比べると、砂糖大さじ1杯は約9g、カロリーは約35キロカロリー、糖質量は8.2gとされています。大さじ1杯で砂糖と蜂蜜を比べてみると、砂糖のほうが低カロリーで糖質量も少ないように見えますが、注意すべきは大さじ1杯の重さです。大さじ1杯の蜂蜜は砂糖の倍以上の重さがありますが、カロリーや糖質は少ないことがわかります。さらに嬉しいのが蜂蜜は砂糖の1.3倍の甘みを感じるといわれています。少ない量で甘みを感じることができるので、より糖質やカロリーをカットすることが可能です。糖質制限をしていても、どうしても甘いものが欲しくなることがあります。そんな時は砂糖を蜂蜜に置き換えて取り入れてみるのがおすすめです。

蜂蜜はダイエットをサポートする効果も期待

蜂蜜は糖質の多い食品ではありますが、ダイエット効果が期待されている食品でもあります。蜂蜜には血行を促進する働きや安眠を導く効果、脂肪燃焼をサポートする働きなどが期待されていて、上手に取り入れることでダイエットの強い味方となるのです。特に今注目されているのが、寝る前に蜂蜜を食べるだけの簡単なダイエット法です。糖質制限ダイエットをしている人も並行して取り入れている人も多いのです。やり方はとても簡単です。寝る1時間前に大さじ1杯程度の蜂蜜を舐めるだけでOKです。蜂蜜が寝ている間に分泌する成長ホルモンの量を増やし、脂肪燃焼に役立てることが目的です。

本格的な糖質制限をしている人は蜂蜜も控えて

本格的な糖質制限ダイエットをしている人もいるでしょう。蜂蜜は健康的なダイエットのサポート食品としても注目されていますが、糖質が少ない食品というわけではありません。本格的な糖質制限ダイエットをしている場合は、なるべく蜂蜜の摂取も控えたほうが好ましいとされています。糖質を控えれば体に脂肪として溜まることを防ぐことができます。糖質が含まれているものは、甘味料や炭水化物だけではありません。様々な食品の糖質量を意識しながら糖質制限ダイエットに取り組むことが大切です。

蜂蜜を上手に取り入れよう

蜂蜜大さじ1杯には約17gの糖質が含まれていますが、これはご飯1膳の約3分の1(50g)の糖質量と同等です。普段から食品に含まれる糖質量を意識することで、効率的にダイエットに取り組むことができます。蜂蜜も上手に取り入れることで、健康的なダイエットに役立ててください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA