蜂蜜大根の効果を最大限に活かすおすすめの飲み方

気温が低くなると空気が乾燥し、風邪などに感染するリスクが高まります。風邪をひかないように、風邪対策をしている人もいるでしょうが、今回紹介するのは喉の痛みや咳など風邪の初期症状に効果的といわれている『蜂蜜大根』です。蜂蜜大根とはどのようなものなのか、どのような飲み方をすれば効果を得られるのかなど、蜂蜜大根について紹介します。

蜂蜜大根ってどんな食べ物?

蜂蜜大根は、ここ数年注目度を上げている健康食品で、簡単に手作りすることができます。1cm角ほどにカットした大根をタッパーなどの容器に入れ、適量の蜂蜜に漬けます。3時間ほどすると大根からエキスがしみだし、蜂蜜と混ざり合います。この大根のエキスと蜂蜜が混ざったものを取り入れることで、風邪の初期症状を抑える効果が期待されています。

蜂蜜大根が喉の風邪に効く理由

ではなぜ蜂蜜大根が喉の痛みや咳などの風邪の症状に効果があるといわれているのでしょうか。

・蜂蜜の殺菌作用

蜂蜜には強い殺菌作用があるといわれています。蜂蜜にはほとんど水分が含まれておらず、蜂蜜の中では雑菌が生きていくことができません。喉に付着した細菌も、蜂蜜の殺菌作用によって繁殖を防ぎます。

・蜂蜜の保湿効果

蜂蜜は高い保湿効果も期待されています。喉の水分を保持するとともに、外側から水分を取り込もうとする性質もあるため、喉の乾燥を防ぎ痛みや咳を緩和します。

・大根の抗炎症作用

大根に含まれる辛み成分には、炎症を抑える効果があるとされています。医療機関で使用される消毒の成分と同じ成分が含まれているため、喉の腫れなどを抑えます。

おすすめの蜂蜜大根の飲み方

せっかく蜂蜜大根を取り入れるなら、効果を最大限に活かすことができる飲み方をしたいですよね。ここではおすすめの飲み方を紹介します。

・蜂蜜大根のエキスをそのまま舐める

まずは蜂蜜大根をそのまま舐めてみてください。喉に違和感を感じたときにはそのまま舐めるのがおすすめです。蜂蜜大根のエキスをダイレクトに喉に届けることができます。風邪のひき始めや喉に少し痛みを感じるくらいなら、蜂蜜大根を舐めた翌日には症状が軽くなっていることも多いです。

・お湯で割って飲む

蜂蜜大根のエキスをお湯で割って飲むことで、体を温める効果が期待されます。蜂蜜大根大さじ1杯に対してお湯80mlから100mlほどが目安です。お好みの甘さに調整して飲んでみてください。生姜をプラスするのもおすすめです。

・炭酸水で割って飲む

蜂蜜大根は大根の独特の風味がするので、初めは少し飲みにくいと感じるかもしれません。そんな人におすすめなのが、炭酸水で割って飲む飲み方です。蜂蜜大根と炭酸水の割合が1対4くらいが飲みやすいです。レモン汁をプラスするとさらに飲みやすくなります。

風邪予防にも蜂蜜大根

いかがでしたか?蜂蜜大根を取り入れることで、喉の乾燥を防ぎ咳を沈める効果が期待されています。風邪にひき始めに取り入れるとより効果的で、さらには寝る前に蜂蜜大根を取り入れることで寝ている間に風邪の症状を抑えてくれます。風邪をひいてからではなく、普段から蜂蜜大根を取り入れることによって風邪を予防し、風邪をひきにくい体作りにも大きく役立ちます。お好みの飲み方で取り入れてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA