健康の秘訣 蜂蜜大根の驚きの効能とは

芸能人やモデルも健康のために取り入れているとして話題の『蜂蜜大根』。蜂蜜大根の歴史は江戸時代からと古く、風邪薬の代用品としても活用されていたといいます。蜂蜜大根が風邪に効くといっても、具体的にどのような効能があるのかまでは知らない、という人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、蜂蜜大根の驚きの効能について紹介します。

蜂蜜大根とは

蜂蜜大根とは、その名のとおり大根を蜂蜜に漬けることによって出たエキスのことです。1cmほどの角切りにした大根に適量の蜂蜜をかけて3時間ほど漬けておくと、大根から水分が出てきます。蜂蜜と混ざった大根のエキスをそのまま舐めたり、お湯や水、炭酸水などで割って飲みます。大根と蜂蜜さえあれば家庭で簡単に作ることができる健康食品です。

蜂蜜大根は喉の痛みを和らげる効能がある

蜂蜜大根にはつらい喉の痛みを和らげる効能があります。空気が乾燥してくると、喉の痛みを感じやすくなります。そんな時に蜂蜜大根をひと舐めすると、喉の痛みを軽減します。喉の痛みを感じているときは、喉に炎症が起こっています。大根に含まれる酵素のひとつ『ジアスターゼ』という辛み成分には、抗炎症作用があります。これが喉の痛みを和らげてくれます。

咳を鎮める効能も期待

蜂蜜大根のもうひとつの効能は、辛い咳を鎮める効能が期待されています。咳が出るときは、喉に細菌が繁殖し始めている可能性があります。蜂蜜には強い殺菌作用があり、喉に付着した細菌の増殖を抑える効果が期待されます。また、蜂蜜には保湿効果もあります。空気が乾燥していると咳が出やすくなるため、蜂蜜で喉を保護し水分を保持することで咳を出にくくします。咳を抑えるとともに、痰を出しやすくする働きもします。乾いた咳にも湿った咳にも蜂蜜大根が役立ちます。

蜂蜜大根の注意点

蜂蜜大根は、江戸時代から伝わる民間療法のひとつで、先にも紹介したように風邪薬の代用品として取り入れられてきました。現在でも薬を飲むことができない妊婦さんや授乳中のお母さん、小さいお子さんの風邪予防や風邪の初期症状の緩和のために使われています。蜂蜜大根を取り入れる際、気を付けたいポイントを3つ紹介します。

・1歳未満の赤ちゃんには与えない

薬を飲むことが難しい赤ちゃんでも、蜂蜜大根は飲みやすそうに感じますが、蜂蜜にはボツリヌス菌が存在する可能性があるので、1歳未満の赤ちゃんに与えてはいけません。

・蜂蜜大根は3日を目安に使い切る

蜂蜜大根は日持ちしません。3日を過ぎると保存環境によっては腐敗することがあります。冷蔵庫で保存し、使い切れる分だけを作るようにしましょう。

・薬とは違うので過信しすぎない

蜂蜜大根の効能は高いとされていますが、あくまで健康食品です。薬ではありませんので、過信しすぎず生活習慣を整えるなど対策をしましょう。

蜂蜜大根で健康維持

いかがでしたか?蜂蜜大根は風邪のひき始めに取り入れることで、喉の痛みや咳を和らげる効能が期待できます。また、風邪をひく前から取り入れることで、風邪をひきにくくなり風邪予防となるのでおすすめです。蜂蜜大根を取り入れて風邪が流行する季節も元気に過ごしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA