のど飴が効かない そんなときは蜂蜜大根がおすすめ

のどに痛みや違和感を感じたときに、のど飴を舐めるという人も多いと思います。のど飴を舐めているときはなんとなくのどの調子がいいように感じますが、舐めきってしまうとまたのどがイガイガしたり痛みを感じたりする場合が多いです。のど飴がのどの痛みに効かないときにおすすめしたいのが『蜂蜜大根』です。今回は蜂蜜大根がのどの痛みなどに効果的な理由を、蜂蜜大根の作り方や飲み方と併せて紹介します。

蜂蜜大根がのどの風邪に効果的

のど飴を舐めても一時的なもので、なかなか効かないと感じる人は少なくありません。もっと健康的な食品でのどのケアをしたいなら、断然『蜂蜜大根』がおすすめです。蜂蜜には強い殺菌効果があり、のどに付着した細菌の増殖を防ぐことで風邪の悪化を食い止めます。蜂蜜の成分はほとんどが糖質で、糖質はのどを潤す効果もあります。のどが潤うことでのどのヒリヒリ感を抑え、咳を出にくくします。また、大根に含まれる酵素のひとつ『イソチオシアネート』には抗炎症作用があり、喉の炎症を抑える作用があります。これらの効果がのどの様々な違和感に働き、のどをすっきりさせてくれます。

蜂蜜大根の作り方

蜂蜜大根の作り方はとても簡単です。大根は5cmほど用意します。大根は皮つきのまま1cmの角切りにします。清潔な容器に大根を入れ、大根が3分の2ほど隠れるまで蜂蜜を入れます。軽く混ぜて半日ほど放置したら完成です。大根は取り出し、エキスとは別に保存しましょう。冷蔵庫で3日ほど保存することができます。

蜂蜜大根のおすすめの飲み方

「のど飴を舐めてもなかなか効かない」という人は、蜂蜜大根のエキスをそのまま舐めてみてください。1日3回ほど、ティースプーンに1杯の蜂蜜大根を舐めましょう。次第にのどがすっきりし、痛みも軽くなってくるはずです。寒い季節にはお湯で割って飲むのがおすすめです。お好みに合わせてスライスレモンや生姜の千切りをプラスすると、フレーバーが変わって飽きずに飲むことができます。暖かい季節やのどをシャキッとさせたいという時には炭酸水で割って飲みましょう。好みの甘さになるまで蜂蜜大根をプラスしてください。

取り出した大根は漬けものとして食べよう

蜂蜜大根のエキスから取り出した大根は捨てずに、漬物としていただくことができます。蜂蜜の甘みがしみこんだ大根は、ほんのりと甘くそのままポリポリと食べることができます。酢と塩少々を混ぜ合わせたマリネ液に大根を和えれば、簡単に大根マリネを作ることもできます。塩昆布やゆかりなどを和えるのもおすすめです。茹で卵とマヨネーズで作ったタルタルソースに、細かく刻んだ大根を入れれば食感のいいタルタルソースの完成です。食事の箸休めにぴったりのアレンジを楽しんでください。

蜂蜜大根で健康維持

のど飴が効かない場合、のど飴の成分とのどの症状があっていないことも考えられます。あれこれいろいろな種類ののど飴を試すよりも、様々なのどの症状に効果を発揮する蜂蜜大根を試してみませんか?風邪の初期症状に効果があることはもちろん、風邪をひく前に蜂蜜大根を取り入れることで風邪予防にも役立ちます。普段の生活に蜂蜜大根を取り入れて健康維持に努めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA