栄養満点でおすすめ!はちみつみその作り方

はちみつは豊富なミネラルとビタミンが含まれた栄養食品です。
そのままパンに塗ったり舐めたりして楽しむことも、隠し味としてごはんや飲み物に混ぜることもできます。
中でも最近注目をあつめている、はちみつみそをご存知でしょうか?
この記事では、簡単に作れて、何にでも使うことができる便利な調味料、はちみつみそについて紹介します。

はちみつみそとは

はちみつみそとは、市販のみそとはちみつを2対1の割合で混ぜて作る調味料です。
加熱しなくてもいいため、はちみつの栄養分を壊さずに手軽につくることができます。
もとは和食で使われるみそですが、はちみつを混ぜることで味の深みが増して、洋食やエスニック料理にも使用することができます。
どのような素材とも合う調味料です。
また、1ヶ月程度の保存がきくため、多めに作って常備しておくことができます。

はちみつみそは栄養価が豊富

はちみつみそは文字通り、はちみつとみそを混ぜ合わせてできます。
みそは大豆や麹、塩を原料としてできる発酵食品です。
みそには良質なタンパク質が多く含まれており、食物繊維が豊富と言われているゴボウやサツマイモよりも上をいきます。
また、その他にも下記のような成分が含まれており、身体に必要な栄養素を効率的に摂取できます。
・コレステロールの低下を促進するサポニン
・乳がん予防や肩こりの解消をするイソフラボン
・認知症予防になるレシチン
・過酸化脂質の精製防止に繋がるビタミンE
・老化防止の効果があるコリン
・消化を助ける酵素
・大腸ガン予防になる食物繊維
・高血圧を防止するプロスタグランディンE
一方はちみつも、豊富なミネラルとビタミンを含んでいます。
老化防止が期待できるカリウムや造血症の高い銅や鉄が成分がり、身体を健康に導きます。
・体内の酸化還元を促進するビタミンB2
・造血作用のあるビタミンB1や鉄
・美肌効果のあるビタミンC
栄養素が多く含まれたみそとはちみつを掛け合わせたはちみつみそは、美容効果もあり病気を寄せ付けない身体をつくる便利な調味料です。

はちみつみその使い方

はちみつみそは、3つの使い方があります。
① そのまま食べる
はちみつみそは、そのまま食べても美味しくいただけます。
ごはんにのせたり、野菜をつけて使ったり、パンに塗って食べることもおすすめです。
②調味料として使う
はちみつみそはそれだけで味がしっかりあるので、他の調味料の使用を控えて塩分を抑えることができます。
甘みが強い調味料なので、みそ味にしたい場合はみその割合を増やしてみましょう。
② 隠し味として使う
どのような料理でも、はちみつみそを少しだけ加えることで効果を感じられます。
みそとはちみつが持つ深みとまろやかさが相互作用し、料理の味がまとまったり、コクが加わって一段上の味に仕上がったりと違いを楽しむことができます。

はちみつみその作り方

・材料
みそ 100g
はちみつ 50g
・作り方
分量通りのみそとはちみつを混ぜ合わせて完成です。
はちみつの量は、みその塩辛さによって変わるため、少しずつ味見をしながら調節してみましょう。
・保存方法
熱湯消毒をした、なるべくはちみつみその分量にあった瓶につめてください。
冷蔵庫で1ヶ月の保存が可能です。1ヶ月以内に使い切れるように作りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA