はちみつの種類をマスターしよう

1匹のみつばちが一生をかけて作るはちみつは、わずかティースプーン1杯ほどと言われています。
その希少なはちみつは、みつばちが訪れる密源によって大きくわけて2種類にわかれることをご存知でしょうか。
1つは花の蜜由来の「花蜜」。そしてもう1つは樹液や樹液を吸った昆虫が作り出す糖分由来の「甘露はちみつ」です。
ここではそれぞれの特徴について説明します。

味も香りも様々な花蜜

草花や樹木の花からみつばちが集めた花蜜を、巣の中で精度を高めたものを指します。
花ごとに色や香り、味わいなど異なる性質を楽しめるのが特徴です。花の特徴の一部を紹介します。

① 草花のはちみつ
れんげ 上品な甘みと香りで人気。日本のはちみつの王様とも言われています。
そば 黒い色と濃厚な風味が特徴です。
あざみ 野の花らしい個性的な味わいを楽しめます。
クローバー 結晶しやすく、クセのない甘さです。
菜の花 花粉が多く、結晶しやすいのが特徴です。

② ハーブの花のはちみつ
ローズマリー 上品な甘みとほのかなハーブの香りが特徴です。
ラベンダー さわやかな香りとわずかな酸味で力強い味わいを楽しめます。
ペパーミント ミントらしい清涼感のある余韻が残ります。
セージ ほのかな酸味とすっきりとした後味が特徴です。

③ 樹木の花のはちみつ
アカシア れんげと並んで人気。はちみつの女王と言われています。
とち 淡く美しい色調でマイルドな味わいが楽しめます。
さくら 華やかな香りが特徴の春のはちみつです。
母大樹 香りが高く、ほのかな酸味がします。西洋で人気。
栗 強い香りで濃厚な風味をもちます。
ユーカリ コクのある甘さが特徴です。
コーヒー わずかな酸味の茶色いはちみつです。
マヌカ 有用性の高さで注目されているはちみつです。

④ 果樹の花のはちみつ
オレンジ すっきりした甘みとフルーティーな香りを楽しめます。
かき 少し酸味がありあっさりとした味わいです。
ブルーベリー きりりとした甘みと酸味が特徴です。
みかん みかんのほのかな香りがします。
リンゴ わずかに感じるりんごの風味が特徴です。

⑤ 百科はちみつ
巣箱のまわりに複数の蜜源植物が咲いているときや、花の開花時期の変わり目によって複数の花の蜜がまじったはちみつを指します。
採取時期や場所によって風味や香りがさまざまです。

森の蜜と言われる甘露はちみつ

甘露はちみつの生成は未だに詳しく解明されていませんが、さまざまな木の樹液や樹液をすった小さな昆虫が小枝や幹などに残した糖分をみつばちが集めて熟成させたものだと言われています。
花のはちみつと比較すると、ミネラル、たんぱく質やアミノ酸、有機酸の量が多いことが分かっています。また、甘露はちみつには抗酸化作用や抗菌作用が備わっており、どちらの作用も花のはちみつと同等以上であることが報告されています。
木々に付着した蜜が光りをうけて露のように輝くことから「甘露」と呼ばれ、昔から世界各地の民間療法として活用されてきました。
ミネラルが多いため色が濃く、麦芽のような香りがするのが特徴です。
ドイツでは、モミの樹木さから採取された甘露はちみつ「モミのはちみつ」が最高級とされています。

はちみつは、蜜源環境や天候によって豊作不作が大きく影響するため、その年により採取量が大きく異なります。
種類によっては、入手困難で希少価値が高いものもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA