はちみつの保存方法と結晶化した場合の使い方

はちみつは果糖とブドウ糖が多く含まれていることから、扱いを誤ってしまうと結晶化が進んでしまいます。
ここでは、はちみつの正しい保存方法と、結晶化してしまったはちみつの上手な使い方を紹介しまいます。

はちみつの正しい保存方法

はちみつの正しい保存方法は、しっかりと蓋をした上で暗所に常温で保存することです。

はちみつは、45度を超えると色や香り、大切な栄養素などが破壊されてしまうと言われています。
そのため、養蜂場ではすべての行程において、はちみつの温度を保管時には20度に、瓶詰めの際にも45度以下に保つといった工夫をしています。

家庭では細かな温度調整は難しいですが、しっかりと蓋をしめて、直射日光や高温多湿を避けて、常温で保存をすることがおすすめです。
また、冷蔵庫に保存することで日持ちがすると誤った認識をされることが多いですが、冷蔵庫に保存をすると結晶化が進みやすくなってしまいます。

はちみつの賞味期限

はちみつは、保存状態さえ良ければ何年でも品質を保つことができます。
一方で、誤った保存方法で状態を悪くしてしまったり、加熱を繰り返してしまったりすると、短期間でも風味が失われてしまいます。
そのため、養蜂場では仮として2年を賞味期限の設定にしていることが多いです。
開封後には吸湿しないようにしっかり蓋をして、素人保管である以上はなるべく早めに食べた方がいいでしょう。
また、本物のはちみつは保存中にどうしても結晶化してしまうことがありますが、品質には問題ありません。

はちみつが結晶化する理由

はちみつの結晶の主な要因は、はちみつの中にある花粉粒子を核にしてブドウ糖が固まってしまうためです。
花粉などの微量栄養素が多ければ多いほど、またブドウ糖の比率が高いほど、結晶化しやすくなります。
結晶しても風味や成分は変わらないため心配はいりませんが、使いにくいときには上手に溶かして使う必要があります。

結晶化したはちみつの溶かし方

① 結晶したはちみつが入っている容器がゆったり入るくらいのボウルや鍋を準備します。
45度程度(お風呂よりも少し熱い程度)のお湯を入れて、はちみつの容器の蓋は開けた上でそっと中に入れます。

② はちみつをかき混ぜながら、ゆっくりと溶かしていきます。
はちみつの温度が高くなりすぎてしまうと、香りや栄養成分が壊れて風味が損なわれることがあるので温度は都度確認して十分に注意しましょう。

保存瓶が入ったままの状態で説明をしましたが、使う分だけを小さな容器に取り出して溶かすことで、短時間で楽に溶かすことができます。

結晶化しやすいはちみつとしにくいはちみつ

はちみつは果糖とブドウ糖の割合や保存温度、結晶核となるような粒子(花粉など)の存在などの条件によって結晶のしやすさが違ってきます。
はちみつを結晶しやすい順番に並べると、下記のようになります。

【結晶しやすい】
菜の花
ひまわり
オレンジ
れんげ
クローバー
百花
そば
コーヒー
とち
ローズマリー
マヌカ
甘露はちみつ
アカシア
【結晶しにくい】

はちみつは結晶化しても問題はありませんが、溶かす時に温めることになるため栄養素が破壊されてしまう懸念があります。
なるべく結晶化しにくいはちみつを選ぶことで、長く楽しむことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA