蜂蜜の保存方法とは?常温でもOK?

はちみつ

蜂蜜とは、腐らない食品として有名ですが、

一体どのような状態で保存するのがベストなのか

あまり知られていないのが現状です。

私も、調べる前までは蜂蜜を冷蔵庫に保存していて、

よく固まった蜂蜜を無理やり絞り出して食べていた記憶があります。

決して安く手に入らない蜂蜜、

せっかく手に入れた蜂蜜が腐らないとはいえ、

鮮度や味を落としたくない方も多いと思います。

今回は、蜂蜜の基本的な保存方法や

食べきる目安の期間などをご紹介します。

なぜ腐らないのか

蜂蜜は、昔から腐らない商品と言われてきました。

それは、蜂蜜本来の成分に意味があるそうです。

蜂蜜には殺菌作用があり、人にとっても健康食品となっていますが、

蜂蜜自体も自分で自分を殺菌できるので、腐りません。

また、水分が少ない食品のため、菌が繁殖することもなく、

現状をキープできる力があるとされています。

ですが、やはり何年もたったものは味も落ちてしまい、

蜂蜜本来の美味しさはだんだんと無くなってきてしまうものです。

できれば2.3年のうちに食べきるのが美味しく食べる秘訣かと思います。

ベストな保存方法

蜂蜜は、開封後でも保存さえしっかりしておけば

何年も美味しく味わうことができる食品です。

基本的には常温保存ですが、湿気の少ないところだと

さらに風味を落とさずに保存することができるそうです。

冷蔵庫で保存してしまうと、蜂蜜の成分が固まってしまい、

実際に使う際に、蜂蜜を溶かす作業から始めなければいけないので

時間がかかってしまいます。

夏の暑い日でも常温でしっかりと保存することができますので

冷蔵庫に入れるのは控えましょう。

また、保存する際には小瓶などの匂いがうつらない容器をオススメします。

まれに、プラスチックの容器で保存して何年も経った時に、

プラスチックの匂いがはちみつにうつってしまうことがあります。

何年も保存する予定の場合や、風味を落としたくない方は

瓶などに移して保存することも大切です。

せっかくの美味しい状態をキープできるかは、

環境だけでなく入れ物も大切なのです。

賞味期限について

蜂蜜は、養蜂場で購入した際にも賞味期限が記載されています。

これは、日本ではどの食品にも賞味期限を記載しなければいけないという

法律があるためです。

しかし、それでも実際に記載されている期間は

基本的には2.3年が多いのではないでしょうか。

記載されているとはいえ、蜂蜜は腐らない食品なので

カビが生えたり変な匂いがしない限りは、

何年でも食べることができます。

美味しく食べることができるのは、やはり2.3年かと思いますので、

購入する際は食べきれる量を考えて購入することをオススメします。

万が一、食べきることができなそうな場合は、

スイーツなどに使うとたくさんの量を一気に使うことができますし

甘みも増して美味しくなります。

蜂蜜は、ねっとりとした見た目や甘さがあることから

保存方法をしっかりしないと腐ってしまいそうな気がしますが、

殺菌作用が強いため常温保存ができる食品だということがわかりました。

保存も簡単なので、毎日の生活にも使いやすいです。

きちんとした知識を身につけて、食品を無駄にしないように

心がけていきたいものです。

種類がたくさん!蜂蜜はどれを選べばいいの?

はちみつ

近年の蜂蜜人気にともなって、

スーパーなどの蜂蜜売り場には、驚くほど

様々な種類の蜂蜜が並んでいます。

蜂蜜と一言で言っても、蜜の花やブランド、

純粋か加工品なのか、など、いくつものジャンルに分けることができます。

さらに、蜂蜜専門の養蜂場には何種類もの蜂蜜があり、

実際にどの蜂蜜がいいのかわからない方も多いと思います。

今回は、実際に自分が蜂蜜を購入する際に役立つ

蜂蜜の種類についてご紹介します。

どんな分かれ方か

蜂蜜を分類すれば、たくさんのジャンルに分かれますが

主に違うところは花の種類です。

花の種類が違うと、風味や味なども全く違った蜂蜜となるので

その中から自分好みの蜂蜜を選んでいくことが大切です。

種類が多いと、料理に使うものやそのまま食べるもの、

気分を変えたいときなど使い分けて利用できるのも利点です。

どんな種類があるのか

花の種類だけでもたくさんの蜜があり、

それぞれに特徴があります。

●レンゲ蜂蜜

レンゲの花から作られた蜂蜜です。

日本では特にメジャーな種類と言えます。

舌触りはまろやかで、優しいフローラルの香りが印象的な蜂蜜です。

どんな料理にも合うので、幅広く使われています。

料理だけでなく、スイーツなどでも利用されるのが多い種類です。

●アカシア蜂蜜

アカシアの花から作られた蜂蜜です。

レンゲに並んで日本ではかなり有名な種類で、

コクがあり癖が少ないところが特徴です。

固まりにくいので、ヨーグルトにかけたり、

ミルクと混ぜたりするのがオススメです。

●オレンジ蜂蜜

その名の通りみかんの花から作られた蜂蜜です。

みかんの甘酸っぱい風味が特徴で、

爽やかな香りのため、蜂蜜独特のクセが苦手な方にも

好まれる種類と言えます。

飲み物に混ぜると食べやすく、ふわっとほのかなオレンジの風味が

やみつきになります。

●ラベンダー蜂蜜

ラベンダーの花から作られた蜂蜜です。

花の蜜らしいラベンダーの香りと、

ハーブの独特な爽やかさが特徴で、紅茶などにとても合います。

お湯に溶かして飲むだけで、上品な雰囲気を味わうことができます。

こんな種類も

蜂蜜には、花の種類によって味や効能なども違ってきますが、

中には「百花蜜」という種類のものもあります。

これは、名前の通り、たくさんの花から採れた蜜を集めた蜂蜜となります。

いろいろな種類がありますが、どれを選んだらいいかわからないという方には

まずこちらの蜂蜜を試してみることをオススメします。

作られた年によって味や旨味が違ってくるそうなので、

毎年違った雰囲気を楽しむこともできるそうです。

蜂蜜は決して安いものではないので、悩んで購入して

失敗するよりは、無難な蜂蜜を選ぶのもいいかもしれません。

蜂蜜の種類は様々なジャンルで分かれていますが、

今回は主に花の種類についてご紹介しました。

実際にスーパーなどに売っている蜂蜜は、

ここまで細かく分類されていなかったり種類が少なかったりしますが、

蜂蜜養蜂場にはたくさんの種類がありますので

興味がある方は是非、養蜂場に足を運んでみてください。

様々な味の蜂蜜が楽しめて、自分のお気に入りの蜂蜜が

見つかるかもしれません。

いろいろな味を試して、素敵な蜂蜜ライフを楽しみましょう!