蜂蜜は糖尿病に良い影響がある食品って本当?

蜂蜜は糖尿病を予防するのか

蜂蜜は、自然界で一番甘い蜜でありますが、血糖値が上がりにくい優秀な甘味です。
蜂蜜は低GI食品と言われ、インスリンホルモンを余分に分泌させない食品ですので、糖尿病を予防している方の食事制限でよく使われています。ただ、糖尿病患者の蜂蜜摂取には注意が必要です。

蜂蜜の種類によって異なる予防効果

蜂蜜にはアカシアやレンゲなど様々な種類がありますが、実は種類によって摂取時の血糖値の上がり方が異なります。中でも一番糖尿病の予防効果が高い蜂蜜は国産のアカシア蜂蜜です。
日本の養蜂場で非常に有名な山田養蜂場が、様々な種類の蜂蜜のGI値を調査したところ、GI値が低いのは1番に国産アカシア蜂蜜、2番にルーマニア産の蜂蜜との結果が出ました。
アカシア蜂蜜は、フルクトース(果糖)の含有量が非常に多く、それが血糖値の上昇を抑えたりインスリンを分泌を正常に行う働きになります。

アカシア以外のGI値の結果として、カナダ産のクローバーは中GI、国産のレンゲはルーマニア産よりも少し高いけれど低GIに分類される結果となりました。

実は糖質が多い蜂蜜

蜂蜜は少量摂取する分には健康に良い食品ですが、同時に糖質が多い食品でもあります。
ですので、糖尿病を予防しているからと言って、砂糖の代わりに蜂蜜を多量に使っていいわけではありません。糖尿病予防のために砂糖を多く使えない方が、甘味を楽しむために有効な食品ですので、使いすぎには注意です。

特に糖尿病患者の方は、食べ過ぎると確実に悪化しますので、適度に楽しんでください。

健康体の方でも同じで、使いすぎると高カロリーな蜂蜜は中性脂肪として逆に糖尿病を促進させてしまいます。そのまま体重増加に結び付きますので、気を付けて使ってください。

蜂蜜を砂糖代わりに使う時の目安

蜂蜜のカロリーは砂糖の約3分の1と言われていますが、甘さで考えると、蜂蜜の小さじ1杯は砂糖の大さじ1杯に匹敵します。
大さじ1杯の砂糖は60gであり、はちみつを小さじで計ると5gです。これをカロリーを計算すると、砂糖は60kcal・はちみつは15kcalと、目に見えてわかりやすい結果になります。
同じ甘さがあるのに、ここまでカロリーを制限できる蜂蜜は、ダイエットにも効果的であることがわかります。

糖尿病を治す&予防するには食事から

糖尿病の予防や治療で1番大事なことは食事制限です。病院でも、糖尿病患者に真っ先に言われることが食事についてであり、運動や薬は食生活が適切であることが前提に行われます。
とても辛い糖質制限をどうにかして続けていくには、適度に好きなものを食べることも時には必要です。特に甘党の方は、好きなものがほとんど食べられなくなるため、本当にきついはずでしょう。
そんな時、砂糖の代わりに低カロリー&低GI値の蜂蜜を使うことで、糖質制限食が少しでも楽に続けられます。

ただ、上記の通り蜂蜜は糖質が多い食品に含まれますので、料理に本格的に使うのであれば蜂蜜ではなく人工甘味料をおすすめします。蜂蜜は糖尿病患者に多く食べさせる食品として向いていません。
糖尿病を予防する食生活を心がけている人ならば、砂糖代わりに蜂蜜を使っても問題ないでしょう。
毎日少量ずつ蜂蜜を摂取できるよう、積極的に料理やドリンクに使ってみてください。

女性に嬉しい蜂蜜の美容効果とは 蜂蜜の3つの美容効果と使い方

蜂蜜は天然の甘味料で、砂糖よりもローカロリーなことからヘルシー志向の人に良く使われています。蜂蜜はおいしいだけではなく、美容面でも嬉しい効果が期待されることをご存知ですか?今回は女性に嬉しい蜂蜜の3つの美容効果と、蜂蜜の美容効果を実感できるおすすめの使い方を紹介します。

蜂蜜には高い保湿効果が期待

蜂蜜には肌を保湿する効果が期待されます。これは蜂蜜に含まれる水分量が少ないことが理由です。水分量が少ないと、空気中に存在する水分を取り込もうとする吸水性が高くなります。肌が本来持つ水分を外へ逃がしにくくし、空気中の水分を蜂蜜が取り込もうとする性質があるため、肌を乾燥から防ぐ効果が期待されています。

蜂蜜で肌を健やかに保つ

蜂蜜には200種類ほどの栄養素が含まれていて、中でもビタミンB群がたくさん含まれています。ビタミンB群はエネルギー代謝と大きく関わりのある栄養素で、エネルギー代謝が良くなることは肌代謝も良くなります。肌代謝が良くなればくすみのない透明感のある肌を手に入れることも可能です。また、蜂蜜には美肌に欠かせないビタミンCもたっぷり含まれています。ピーリング効果も期待でき、肌表面の古い角質の除去にも役立ちツルツルのお肌に仕上げます。

蜂蜜の高い殺菌作用でニキビのない肌作りに役立つ

蜂蜜のもうひとつの美容効果は、高い殺菌作用によるニキビの予防です。蜂蜜には高い殺菌作用があり、ニキビの原因となるアクネ菌の増殖を抑える効果が期待されます。また、高い殺菌作用と併せて抗酸化作用も期待されています。年齢肌の原因となる肌の酸化を抑え、ニキビのないツルツルのお肌へと導きます。

蜂蜜の美容効果を実感できる使い方

蜂蜜は食べることで内側から綺麗にすることもできますが、ここでは美容効果を実感できる『食べる』以外の蜂蜜の使い方を紹介します。

<ソープに混ぜて使う>

泡立てたソープにティースプーン1杯の蜂蜜を混ぜて使うだけで、肌の保湿を高めます。ボディソープでも洗顔フォームでも固形石鹸でも、泡立てたものに加えるだけで簡単に使うことができます。

<ピーリング剤として使う>

洗顔後のお肌に、ティースプーン1~2杯の蜂蜜をなじませ、ピーリング剤として使います。肌の古い角質を除去するとともに肌の保湿力をアップさせてツルツルの肌に仕上げます。1分ほどやさしくマッサージしたらぬるま湯で洗い流してください。週に1度ほどのお手入れに使いましょう。

<パックとして使う>

蜂蜜には肌を柔らかくする効果も期待できるため、パックとして使う方法もおすすめです。唇に薄く蜂蜜を塗り、乾かないようにラップで覆って5分放置します。5分経ったらぬるま湯で軽く流しましょう。ふっくらと柔らかい唇になります。

内側と外側から蜂蜜を取り入れよう

今回は蜂蜜の3つの美容効果と使い方を紹介しました。食べてもおいしい蜂蜜ですが、外側からも蜂蜜の効果をアプローチすることで、美容効果を実感することができるはずです。もちろん食用として内側からのアプローチも忘れないようにしましょう。紅茶やコーヒーの甘味料として、煮物や炒め物などにも砂糖の代わりに使うことをおすすめします。

必ず役に立つ蜂蜜の知っておきたい効果

蜂蜜の優れた効果について

自然が作る果糖で最も甘いものと言われる蜂蜜は、様々な健康・美容効果が期待できる蜜です。

のどの痛みや咳を抑える
疲労回復を促す
栄養豊富で老化防止

これらが蜂蜜のもたらす良い効果として有名です。一つずつ詳しく見ていきましょう。

蜂蜜でのどの炎症を抑える

昔から蜂蜜は風邪に効果的と言われていますが、蜂蜜にはのどの炎症を抑える抗炎効果と、黴菌を消す殺菌効果があります。それに加え保湿効果も十分に期待できるため、風邪をひいた時は蜂蜜を飲むだけでなく、水で薄めうがい薬として使うことも効果的です。

現在は、はちみつ100%ののど飴が100円ショップでも販売されるようになり、安価で純度の高い蜂蜜をお手軽に摂取できるようになりました。のどの調子が悪い時や風邪をひいた時のために、家に一袋あると心強いでしょう。

蜂蜜の疲労回復効果とは

蜂蜜は、果糖とブドウ糖が約半分の割合で構成されています。砂糖よりもカロリーが低いほか、蜂蜜に含まれている糖分はどれも非常にエネルギー変換が早いため、摂取してすぐに体力を回復させてくれます。

特にスポーツ選手の中では蜂蜜を愛用している方も多く、試合の合間に蜂蜜を漬けたレモンを食べることも多々あります。蜂蜜を、クエン酸が豊富なレモンとともに摂取することによって、血液の状態をアルカリ性に整え、さらに疲労回復効果が上がります。

疲労効果に加え、蜂蜜にはエネルギー補給の点から脳の活性化を促す効果もあります。そのため、仕事でも勉強でもここぞという時には、クエン酸と吸収の良い糖分をプラスしたレモン蜂蜜漬けをおすすめします。

蜂蜜の糖分以外の栄養について

蜂蜜はほぼ糖分で構成されている蜜ですが、糖以外にも様々な栄養素が含まれています。生命活動に必須なミネラルやビタミンや、積極的に食事に取り入れたい酵素とポリフェノールも蜂蜜に含まれています。風邪をひいて食欲がなく栄養が正常に摂れない時に、蜂蜜を舐めるだけでも少量ですが栄養も摂取できます。

蜂蜜は砂糖よりも低カロリーであり、蜂蜜の種類によっては血糖値の上昇を抑えるものや動脈硬化の予防になるものもあります。蜂蜜は、レモンなど他の食材を組み合わせることによってさらに栄養価が上がり、効率よくエネルギーを補給できます。料理でも砂糖の代わりに積極的に使うことで、カロリー以外のより良い健康効果が得られます。

直接顔に塗っても美容効果のある蜂蜜

蜂蜜は、飲んで体内に摂取するだけでなく、直接肌に塗ることで肌をつるつるにする効果や、肌荒れを改善させる効果も期待できます。それらは蜂蜜に含まれている、優秀な栄養素や保湿効果の表れですので、毎日の習慣に蜂蜜を取り入れることでさらに質の高いスキンケアが実現できるでしょう。蜂蜜の保湿効果は、飲むだけでなく直接塗り込んでもしっかり現れます。

体内で摂取することが当たり前に思われる蜂蜜ですが、このように直接触れることで身体の外から状態を整えることも可能です。

知られざる蜂蜜の力

蜂蜜は種類によって栄養も味も色も大きく異なる成分ですが、その種類が多いため、自分の好みの蜂蜜を見つけることは非常に難しいですが、健康・美容と深い関わりを持つ蜂蜜ですので、積極的に日常に取り入れましょう。