蜂蜜は母乳にも危険なの?授乳期も気をつけるべき?

1歳未満の赤ちゃんが蜂蜜を摂取してはいけないということは

皆さんもご存知のことかと思います。

それは、赤ちゃんの消化器官がまだ未完成で、

病気になってしまうからと言われています。

では、母乳をあげているお母さんにとっても

蜂蜜は気をつけなければいけない食材なのでしょうか。

お母さんを通して母乳に蜂蜜の成分が入ってしまえば

赤ちゃんは病気になってしまうのでしょうか。

今回は、母乳と蜂蜜の関係についてご紹介します。

赤ちゃんにとっての蜂蜜

蜂蜜には、「ボツリヌス菌」という、

赤ちゃんにとっては非常に危険な成分が含まれています。

この成分を赤ちゃんが摂取してしまうと、

筋肉が衰えてしまったり、便秘になったり、

ひどい場合は呼吸困難で死に至るケースもあるなど

身体に悪影響を与えます。

なぜ1歳未満なのかというと、上記に書いた通り

まだ身体の構造が未完成だからです。

消化器官もまだ完璧にできていないため、

菌が繁殖して身体に悪影響を与えてしまうのです。

大人にとっては影響のないものでも、

赤ちゃんにとっては大きな刺激物だということを

しっかり覚えておきたいです。

そして、家庭にある蜂蜜にも十分気をつけていきたいものです。

母乳にボツリヌス菌は含まれるのか

結論で言えば、母乳にはボツリヌス菌は含まれません。

ボツリヌス菌は、大人が摂取しても消化処理される成分です。

赤ちゃんに与える母乳を作る前に、

お母さんの身体の中で処理されてしまいますので、

母乳の中にボツリヌス菌が混ざることはありませんし、

赤ちゃんに影響が出ないこともわかっています。

これは、妊娠中の胎児に対しても言えることなので

妊娠中も気にせず摂取しても大丈夫ということになります。

ただし、実際に赤ちゃんが産まれた後は、

間違えて赤ちゃんが食べてしまわないように注意は必ず必要です。

保存場所や保管方法などはきちんと気を使っていきましょう。

むしろ身体にいい蜂蜜

妊娠中、女性は赤ちゃんを守るために

お腹が大きくなり体重が増え、肌もボロボロで

足もむくみだらけの体型になってしまいます。

妊婦健診などでは体重の増え方で注意される方もいるので

カロリーの高いものを控えたり、食生活にも気をつけていかなければいけません。

これは赤ちゃんのためになるので恥ずかしいことではありませんが

やはり美容には気を使いたいのが女性です。

産後、ぜひ蜂蜜を食べて、美容意識を取り戻して欲しいと思います。

蜂蜜は、モデルさんも積極的に摂取している栄養価の高い食品です。

少量でも身体にいい成分がたくさん含まれているため、

習慣づけて食べていけば、身体もイキイキとしてくると思います。

産後の疲れきった身体に、ぜひ蜂蜜を取り入れてみてください。

優しい甘みがきっと身体を癒してくれると思います。

そして、赤ちゃんに与え続けていた栄養をしっかりと補充して、

自分自身も健康に過ごせるようになるのが理想です。

赤ちゃんにとって、身体が完成するまでは

蜂蜜はお預けにはなってしまいますが、

蜂蜜は栄養も美容成分もたっぷりで、お母さんにとっては

とても嬉しい健康食品です。

産後は赤ちゃんに与えないように気をつけながら

ぜひ生活に取り入れていってほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA