天然と純粋の違いと上手な蜂蜜の選び方

蜂蜜はなんでも同じだと思っていませんか?市販されている蜂蜜は、蜂蜜の原料となる花の蜜の種類が異なることはもちろんですが、『天然』と記載されているものや『純粋』と記載されているものがあります。健康のために蜂蜜を取り入れるなら、せっかくなら体にいい蜂蜜を選びたいものです。そこで今回は、蜂蜜の『天然』と『純粋』の違いと併せて、上手な蜂蜜の選び方を紹介します。

天然蜂蜜と純粋蜂蜜の違いとは

天然という言葉も純粋という言葉も、どちらも『良いもの』というイメージがあります。どちらがどのように良いのか、判断に迷ってしまうこともあるかもしれません。ここでは天然と純粋の違いについて紹介します。

◎天然の蜂蜜

『天然』と記載されている蜂蜜は、ミツバチが花から採取して作った蜂蜜をそのまま採取したものを指します。細かいごみなどの不純物を取り除くこと以外、人の手で加工をしていない蜂蜜には『天然』と記載されています。蜂蜜本来の香りや味を楽しむことができるだけでなく、栄養価も高いことが魅力です。原料の花によってはクセの強いものもありますが、いろいろなフレーバーを楽しめることも天然の蜂蜜の特徴です。

◎純粋の蜂蜜

『純粋』と記載されている蜂蜜は、精製蜂蜜という加熱処理後色付けをした蜂蜜を使用しておらず、添加物を含んでいないものを指します。しかし『純粋』の基準があいまいで、糖度を高めるために加熱をした蜂蜜も『純粋蜂蜜』として販売することができます。天然の蜂蜜に比べると純粋の蜂蜜は栄養価がやや低くなりますが、いつでも安定した風味を楽しむことができることが特徴です。

上手な蜂蜜の選び方

ではどのような蜂蜜を選べばいいのでしょうか。やはり栄養面や風味などを楽しむことができるのは、天然の蜂蜜です。天然の蜂蜜を選ぶ際も、どの養蜂場で作られたのか、何の花の蜜なのかをラベルで確認しましょう。自信を持って提供している蜂蜜は、販売者や製造者をきちんと記載しています。純粋蜂蜜の場合も同様です。ラベルには添加物の名前も記載されていますので、きちんと確認しましょう。防腐剤や香料はもちろん、水あめや甘味料が添加されていない蜂蜜を選ぶことが大切です。また、透明度が高すぎる蜂蜜や異常に濃い色をした蜂蜜は避けたほうがいいかもしれません。栗や蕎麦の蜂蜜はもともと色が濃いものですが、それ以外で黒っぽい蜂蜜の場合は注意が必要です。中身の色が確認できないビンに入っている場合も、混ぜ物がしてある可能性があります。蜂蜜の量が少なければ少ないほど、蜂蜜の健康効果を期待することはできません。価格の安い蜂蜜は、基本的には天然の蜂蜜ではないことを頭に入れておくといいかもしれません。

お気に入りの蜂蜜を見つけてみては?

いかがでしたか?天然は名前の通り、ミツバチが作ったそのままの蜂蜜を味わうことができるため、味わい深くおいしいです。だからといって純粋の蜂蜜が悪いものというわけではありません。天然の蜂蜜はクセが強いものもありますから、いろいろな種類の蜂蜜を試してみてお気に入りの蜂蜜を見つけてみるのもいいかもしれません。普段の生活に蜂蜜を取り入れて、健康的な毎日を過ごしてみませんか?

蜂蜜大根はのどの痛みだけじゃなくダイエットにも効果的

蜂蜜大根はのどの痛みや咳など風邪の初期症状に効果があるとして注目されています。市販の風邪薬に頼ることなくのどの痛みを和らげてくれるため、モデルや芸能人も取り入れていることから話題となりました。そんな蜂蜜大根ですが、風邪の初期症状だけでなくダイエットにも大きく役立つといわれています。そこで今回は話題の蜂蜜大根のダイエット効果について紹介します。

蜂蜜には驚きのダイエット効果

蜂蜜は甘みが強く太りやすいイメージがありますが、実はダイエット効果が期待されています。蜂蜜は甘みが強いですが、砂糖よりもカロリーが低いため砂糖の代わりに使うだけで簡単にカロリーをカットすることができます。また、脂肪燃焼効果も期待されています。ここ数年話題となっているのが、寝る前に蜂蜜を舐めるというダイエット法です。寝ている間に成長ホルモンの分泌を促すことで脂肪の燃焼効率を上げることができるのですが、成長ホルモンの分泌を促すためには糖分が必要です。砂糖よりも体への吸収が早くエネルギーに変わりやすい蜂蜜は、寝る前のエネルギー補給にぴったりです。

大根にもダイエット効果がある

大根には多くの酵素が含まれています。特に注目すべきは辛み成分である『イソチアシアネート』と『アミラーゼ』という酵素です。この2つの酵素には消化を促し脂肪燃焼を進める働きがあります。また代謝を上げる効果もあるため、ダイエットに大きく役立ちます。大根は食物繊維が多く便秘解消にも役立ちますし、むくみを解消する働きもあります。便秘やむくみはダイエットの大敵です。大根を食べることでダイエットをサポートすることができます。

2つの効果を合わせた蜂蜜大根でダイエット

蜂蜜にも大根にも魅力的なダイエット効果があり、この2つを合わせた蜂蜜大根はまさにダイエットの強い味方となります。蜂蜜大根は家庭で簡単に作ることができることも魅力です。皮つきのまま1cm角にカットした大根を容器に入れ、3分の2ほど大根がかぶるまで蜂蜜を入れたら半日ほど放置するだけで完成です。大根に含まれる酵素は皮に多く含まれています。皮は向かずにそのまま使うことがポイントです。ダイエットに蜂蜜大根をと入りれる場合、エキスを飲むだけでなく漬けた大根もしっかり食べるようにしましょう。

ダイエットに効果的な蜂蜜大根の取り入れ方

蜂蜜大根は取り入れ方もいろいろです。エキスをスプーンですくってそのまま舐めてもいいですが、より効果的にダイエットを進めるなら、お湯で割って飲むのがおすすめです。生姜を加えれば体をさらに温めることができるので、ダイエット効率をアップさせることが可能です。漬けた大根は酢でマリネして食べるのがおすすめです。納豆と混ぜて食べてもおいしくいただけます。

蜂蜜大根で健康的にダイエット

いかがでしたか?風邪薬の代用品として江戸時代から伝わる蜂蜜大根は、のどの痛みなどの症状に効くだけでなくダイエット効果も期待されています。蜂蜜大根をダイエットのために取り入れることで風邪予防にも役立ちますので、身近な健康食品として毎日の生活に蜂蜜大根を取り入れてみてはいかがでしょうか。蜂蜜大根で健康的にダイエットに取り組みましょう。

のど飴が効かない そんなときは蜂蜜大根がおすすめ

のどに痛みや違和感を感じたときに、のど飴を舐めるという人も多いと思います。のど飴を舐めているときはなんとなくのどの調子がいいように感じますが、舐めきってしまうとまたのどがイガイガしたり痛みを感じたりする場合が多いです。のど飴がのどの痛みに効かないときにおすすめしたいのが『蜂蜜大根』です。今回は蜂蜜大根がのどの痛みなどに効果的な理由を、蜂蜜大根の作り方や飲み方と併せて紹介します。

蜂蜜大根がのどの風邪に効果的

のど飴を舐めても一時的なもので、なかなか効かないと感じる人は少なくありません。もっと健康的な食品でのどのケアをしたいなら、断然『蜂蜜大根』がおすすめです。蜂蜜には強い殺菌効果があり、のどに付着した細菌の増殖を防ぐことで風邪の悪化を食い止めます。蜂蜜の成分はほとんどが糖質で、糖質はのどを潤す効果もあります。のどが潤うことでのどのヒリヒリ感を抑え、咳を出にくくします。また、大根に含まれる酵素のひとつ『イソチオシアネート』には抗炎症作用があり、喉の炎症を抑える作用があります。これらの効果がのどの様々な違和感に働き、のどをすっきりさせてくれます。

蜂蜜大根の作り方

蜂蜜大根の作り方はとても簡単です。大根は5cmほど用意します。大根は皮つきのまま1cmの角切りにします。清潔な容器に大根を入れ、大根が3分の2ほど隠れるまで蜂蜜を入れます。軽く混ぜて半日ほど放置したら完成です。大根は取り出し、エキスとは別に保存しましょう。冷蔵庫で3日ほど保存することができます。

蜂蜜大根のおすすめの飲み方

「のど飴を舐めてもなかなか効かない」という人は、蜂蜜大根のエキスをそのまま舐めてみてください。1日3回ほど、ティースプーンに1杯の蜂蜜大根を舐めましょう。次第にのどがすっきりし、痛みも軽くなってくるはずです。寒い季節にはお湯で割って飲むのがおすすめです。お好みに合わせてスライスレモンや生姜の千切りをプラスすると、フレーバーが変わって飽きずに飲むことができます。暖かい季節やのどをシャキッとさせたいという時には炭酸水で割って飲みましょう。好みの甘さになるまで蜂蜜大根をプラスしてください。

取り出した大根は漬けものとして食べよう

蜂蜜大根のエキスから取り出した大根は捨てずに、漬物としていただくことができます。蜂蜜の甘みがしみこんだ大根は、ほんのりと甘くそのままポリポリと食べることができます。酢と塩少々を混ぜ合わせたマリネ液に大根を和えれば、簡単に大根マリネを作ることもできます。塩昆布やゆかりなどを和えるのもおすすめです。茹で卵とマヨネーズで作ったタルタルソースに、細かく刻んだ大根を入れれば食感のいいタルタルソースの完成です。食事の箸休めにぴったりのアレンジを楽しんでください。

蜂蜜大根で健康維持

のど飴が効かない場合、のど飴の成分とのどの症状があっていないことも考えられます。あれこれいろいろな種類ののど飴を試すよりも、様々なのどの症状に効果を発揮する蜂蜜大根を試してみませんか?風邪の初期症状に効果があることはもちろん、風邪をひく前に蜂蜜大根を取り入れることで風邪予防にも役立ちます。普段の生活に蜂蜜大根を取り入れて健康維持に努めましょう。

喉の風邪に効果的なはちみつ大根はどのくらい日持ちするのか

空気が乾燥する季節は、喉の痛みや咳など風邪の症状が表れやすいです。市販の薬を飲まずして何とか喉の違和感をなくしたい、という人におすすめなのが『はちみつ大根』です。大根をはちみつに漬けるだけで簡単に作ることができる蜂蜜大根は、ここ数年モデルや芸能人がメディアやSNSで紹介したことから注目を集めるようになりました。はちみつ大根はどのくらい日持ちするのか、詳しい作り方や効果と併せて紹介します。

はちみつ大根の作り方

先にも少し触れたとおり、はちみつ大根の作り方はとても簡単でシンプルです。はちみつと大根と容器さえあれば誰でも簡単に作ることができます。まずは清潔な容器を用意しましょう。綺麗に洗い、水気をしっかり切っておきましょう。大根はよく洗い、皮付きのまま1cmの角切りにします。容器に大根を入れ、大根の3分の2がかぶるくらいの量の蜂蜜をかけます。軽く混ぜ合わせ、そのまま3時間から半日ほど漬けておきます。大根から水分が出て大根が一回り小さくなったら、清潔な箸を使って大根を取り出します。残ったエキスは冷蔵庫で保存しましょう。

はちみつ大根はどのくらい日持ちする?

はちみつは水分量が少なく、常温保存をしても腐ることがないといわれています。しかしはちみつ大根にした場合、大根から水分がたっぷり出るため長期保存には向きません。大根を取り出し完成したはちみつ大根は、冷蔵庫で保存をし約3日ほどで使い切るようにしましょう。容器の状態が悪いと3日よりも早くカビが生えたり腐ったりすることがあるので、使用する道具や容器は清潔なものを使うことがマストです。はちみつ大根を取り出すときも、水分のない清潔なスプーンを使うことが大切です。はちみつ大根はたくさん作っても使い切ることができないので、使い切れる分だけ作ることをおすすめします。大根の量は3cmから5cmくらいを目安に作るといいでしょう。

はちみつ大根の効果

はちみつ大根は喉の痛みや咳止めに効果があるといわれています。はちみつ大根の歴史は古く、江戸時代には風邪薬の代用品として使われていたということがわかっています。現在でも薬を飲むことができない妊婦さんや授乳中のお母さんに注目されている食品です。はちみつ大根はなぜ喉の風邪に効果的なのでしょう。はちみつには強い殺菌作用があり、喉に付着した風邪のウイルスの増殖を抑える効果が期待されています。また、はちみつには保湿効果もあり、喉を乾燥から守ってくれます。大根に含まれている酵素には抗炎症作用があり、喉の炎症を抑えて咳を鎮める効果が期待されています。殺菌作用・保湿効果・抗炎症作用の3つがひとつになっているので、はちみつ大根は喉の風邪に効果があるというわけです。

風邪予防にもはちみつ大根

いかがでしたか?はちみつ大根は喉の風邪に効果を発揮する魅力的な健康食品ですが、実はあまり日持ちしない食品です。簡単に作ることができるので、なくなったら新しいものを作りなおすようにしていくといいでしょう。毎日はちみつ大根を取り入れることで風邪予防にもなるのでおすすめです。そのまま舐めたりお湯で割ったり、レモンをプラスしたりと飲みやすい飲み方を見つけて飲み続けてください。

風邪に効くはちみつ大根で取り出した大根もフル活用

咳や喉の痛みなど、風邪の初期症状を和らげる効果があるといわれている『はちみつ大根』。はちみつ大根ははちみつに大根を漬けることで大根からエキスがしみだし、はちみつと混ざり合ったエキスを飲むことが一般的です。はちみつ大根が出来上がると、着けておいた大根は取り出してしまいます。しかしこの大根、捨てるのは待ってください。はちみつに漬けた大根もおいしく食べて、風邪予防に役立てませんか?

はちみつ大根は簡単に作れる

はちみつ大根は大根とはちみつだけで簡単に作ることができます。大根を1cmの角切りにし、大根の3分の2ほどがかぶるくらいのはちみつをかけて半日ほど放置しておきます。3時間ほどたったころから大根から水分がどんどん出てきて、半日ほどでしっかり出切ります。水分が抜けた大根をはちみつから取り出し、完成したエキスは冷蔵庫で保存します。冷蔵庫で3日ほど保存することができます。次ではこの時に取り出した大根の活用法を紹介します。

取り出した大根もおいしく食べられる

はちみつから取り出した大根は、シワシワになっているので捨ててしまうという人も少なくありません。はちみつがしみこんでほんのり甘くなった大根は、蜂蜜大根と同様の効果を得ると同時に、箸休めとしてもおいしくいただけるのが魅力です。取り出した大根のおすすめアレンジレシピを紹介します。

・甘酢和え

酢と塩を混ぜたマリネ液を、取り出した大根に和えるだけで簡単に大根の甘酢和えが完成します。大根にはすでに甘みがついているので、酢と塩だけでOKです。

・塩昆布和え

取り出した大根に、塩昆布を適量加えて混ぜ合わせます。お好みで青ネギや白ごまをプラスしてもおいしくいただけます。

・納豆のトッピングに

取り出した大根をさらに細かく刻み、納豆に混ぜていただきます。納豆に加えることでいいアクセントになります。

・柚子胡椒和え

取り出した大根に柚子胡椒を適量加えて混ぜ合わせます。ほんの少量の醤油で味を整えてください。お好みでマヨネーズを加えるのもおすすめです。

風邪予防だけでなくお腹の調子も整える

はちみつ大根は、エキスを飲むことで喉の痛みを軽減したり咳を鎮めたりする効果が期待されています。取り出した大根を食べても同様の効果が期待できますが、風邪予防だけではありません。大根そのものを食べることで、食物繊維を摂取することができます。また、大根には酵素がたっぷりと含まれていて、これも大根を食べることでよりたくさん摂取することができるといわれています。食物繊維や酵素はお腹の調子を整えて、便秘や下痢を予防します。デトックス効果を高めて腸内環境を良くすることで、お肌の調子が良くなったりダイエットにもつながると考えられています。

取り出した大根もフル活用

いかがでしたか?はちみつ大根はエキスを飲むことばかりに注目されがちですが、漬けた大根を食べることもできます。しかもアレンジは無限大で、お好みのテイストで食べることができるという点も魅力です。今回紹介したレシピ以外にも、ゆかりや黒ゴマで和えたり、ごま油をプラスしたりしてもおいしいです。いろいろ試してみて、お好きな味を見つけてみるのもおすすめです。

蜂蜜酒は外国産だけじゃない 国産の蜂蜜酒を紹介

皆さんは『蜂蜜酒』というお酒をご存知ですか?ここ数年じわじわと人気を集めている、蜂蜜を原料としたお酒です。蜂蜜と水を混ぜ合わせ、そこへ発酵を促す酵母を少し加えることでアルコール発酵が進み、おいしいお酒となります。蜂蜜酒は外国産のものがほとんどですが、近年は日本でも蜂蜜酒が作られるようになり、注目を集めています。今回は国産の蜂蜜酒を紹介します。

蜂蜜酒とは

蜂蜜酒が注目されるようになったきっかけは、ヨーロッパを舞台としたRPGゲームにたびたび登場するようになったことです。ハリーポッターの物語の中でも蜂蜜酒が登場しています。ゲームや映画の中で登場人物がおいしそうに飲んでいる蜂蜜酒は、いったいどんな味がするのだろう、と話題となりました。蜂蜜酒の歴史はワインやビールよりも古く、庶民に愛されていたお酒です。ワインやビールが流通し始めるとともに蜂蜜酒の流通量が減りました。味わいは白ワインのような飲み口で、蜂蜜の甘みを感じることができるので飲みやすいと話題です。

奥の松酒造 はちみつ酒 Honeur(ハニール)

福島県会津地方の山奥に自生している、栃の花の蜂蜜を原料とした蜂蜜酒です。栃の花に加える水は、福島県安達太良山から流れる伏流水と、原料にこだわって作られています。甘い香りと蜂蜜の味わいをしっかりと感じることができます。500ml3240円で購入することができます。

車多酒造 てんしの蜜

アカシアの蜂蜜を原料とした蜂蜜酒です。蜂蜜独特の上品な甘さとほのかに感じる酸味のバランスが絶妙な味わいを醸し出します。しっかりと甘みを感じますが、口当たりは柔らかく飲みやすいと評判です。ストレートでもロックでもおいしくいただけます。500ml1728円で購入することができます。

白鶴 MEAD(ミード)

神戸産の『六甲山ミツバチ やまみつ』という蜂蜜を原料として作った蜂蜜酒です。アルコール度数が16%と、一般的な蜂蜜酒と比べてやや高いことが特徴です。とろみのあるテクスチャが非常に飲みやすく、ロックで飲むのがおすすめです。495ml3456円で購入することができます。

メイリーン はちみつ酒

鳥取県産蜂蜜を100%使用した蜂蜜酒です。仕上げには希少なニホンミツバチの蜂蜜を使用しており、深い味わいを楽しめます。鳥取県の明倫地区の活性化のために作られた蜂蜜酒で、ほんのり蜂蜜の風味が広がりますが飲み口はすっきりしていることが特徴です。360ml2376円で購入することができます。

菊水酒造 シークレット・オブ・クレオパトラ

日本酒の蔵元『菊水酒造』が作ったとして話題となった蜂蜜酒です。菊水酒造では『シークレット・オブ・クレオパトラ』のほかにもいくつかの蜂蜜酒を製造しており、味や風味を比べてみてもいいかもしれません。500ml1892円で購入することができます。

お気に入りを見つけてみては?

いかがでしたか?今回は5つの国産蜂蜜酒を紹介しました。今回紹介した蜂蜜酒以外にも、国産の蜂蜜酒はたくさんあります。ネットで手軽に購入することができるようになっていますので、いろいろ注文してみてお気に入りの蜂蜜酒を見つけてみてはいかがでしょう。

健康の秘訣 蜂蜜大根の驚きの効能とは

芸能人やモデルも健康のために取り入れているとして話題の『蜂蜜大根』。蜂蜜大根の歴史は江戸時代からと古く、風邪薬の代用品としても活用されていたといいます。蜂蜜大根が風邪に効くといっても、具体的にどのような効能があるのかまでは知らない、という人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、蜂蜜大根の驚きの効能について紹介します。

蜂蜜大根とは

蜂蜜大根とは、その名のとおり大根を蜂蜜に漬けることによって出たエキスのことです。1cmほどの角切りにした大根に適量の蜂蜜をかけて3時間ほど漬けておくと、大根から水分が出てきます。蜂蜜と混ざった大根のエキスをそのまま舐めたり、お湯や水、炭酸水などで割って飲みます。大根と蜂蜜さえあれば家庭で簡単に作ることができる健康食品です。

蜂蜜大根は喉の痛みを和らげる効能がある

蜂蜜大根にはつらい喉の痛みを和らげる効能があります。空気が乾燥してくると、喉の痛みを感じやすくなります。そんな時に蜂蜜大根をひと舐めすると、喉の痛みを軽減します。喉の痛みを感じているときは、喉に炎症が起こっています。大根に含まれる酵素のひとつ『ジアスターゼ』という辛み成分には、抗炎症作用があります。これが喉の痛みを和らげてくれます。

咳を鎮める効能も期待

蜂蜜大根のもうひとつの効能は、辛い咳を鎮める効能が期待されています。咳が出るときは、喉に細菌が繁殖し始めている可能性があります。蜂蜜には強い殺菌作用があり、喉に付着した細菌の増殖を抑える効果が期待されます。また、蜂蜜には保湿効果もあります。空気が乾燥していると咳が出やすくなるため、蜂蜜で喉を保護し水分を保持することで咳を出にくくします。咳を抑えるとともに、痰を出しやすくする働きもします。乾いた咳にも湿った咳にも蜂蜜大根が役立ちます。

蜂蜜大根の注意点

蜂蜜大根は、江戸時代から伝わる民間療法のひとつで、先にも紹介したように風邪薬の代用品として取り入れられてきました。現在でも薬を飲むことができない妊婦さんや授乳中のお母さん、小さいお子さんの風邪予防や風邪の初期症状の緩和のために使われています。蜂蜜大根を取り入れる際、気を付けたいポイントを3つ紹介します。

・1歳未満の赤ちゃんには与えない

薬を飲むことが難しい赤ちゃんでも、蜂蜜大根は飲みやすそうに感じますが、蜂蜜にはボツリヌス菌が存在する可能性があるので、1歳未満の赤ちゃんに与えてはいけません。

・蜂蜜大根は3日を目安に使い切る

蜂蜜大根は日持ちしません。3日を過ぎると保存環境によっては腐敗することがあります。冷蔵庫で保存し、使い切れる分だけを作るようにしましょう。

・薬とは違うので過信しすぎない

蜂蜜大根の効能は高いとされていますが、あくまで健康食品です。薬ではありませんので、過信しすぎず生活習慣を整えるなど対策をしましょう。

蜂蜜大根で健康維持

いかがでしたか?蜂蜜大根は風邪のひき始めに取り入れることで、喉の痛みや咳を和らげる効能が期待できます。また、風邪をひく前から取り入れることで、風邪をひきにくくなり風邪予防となるのでおすすめです。蜂蜜大根を取り入れて風邪が流行する季節も元気に過ごしましょう。

蜂蜜を食べた赤ちゃんが死亡 事故を防ぐためにするべきこととは

1歳未満の赤ちゃんの蜂蜜を与えてはいけないということをご存知ですか?育児本やインターネットなどの育児サイト、母子手帳などにも記載されているため、知っているという人も多いのではないでしょうか。過去には蜂蜜を食べた赤ちゃんが死亡するという例も出ており、決して気軽に考えることではありません。今回は、なぜ蜂蜜を赤ちゃんに与えてはいけないのか、その理由と思わぬ事故を防ぐためにするべきことについて紹介します。

蜂蜜に含まれるボツリヌス菌が関係

蜂蜜にはおよそ5%の割合で『ボツリヌス菌』という細菌に汚染されている蜂蜜があるとされています。このボツリヌス菌は、食中毒を引き起こす細菌のひとつで、消化器官や腸内環境が整っている大人が感染することはありません。しかし消化器官が未熟で抵抗力もまだ整っていない1歳未満の赤ちゃんがボツリヌス菌に感染した蜂蜜を食べてしまうと、『乳児ボツリヌス症』という病気にかかるリスクがあるのです。乳児ボツリヌス症は、便秘や泣き声が弱くなるなどの症状から始まり、哺乳力が弱くなったりミルクやおっぱいの飲みが悪くなったりし、最悪の場合死に至るケースもあるのです。

情報を家族で共有しよう

子育てはお母さんひとりだけで行うものではありません。お父さんはもちろん、おじいさんやおばあさんに協力してもらうという家庭もあるかと思います。お母さんひとりが『赤ちゃんに蜂蜜を与えてはいけない』という事実を知っていても、もしかしたらお父さんやおじいさん、おばあさんが「体にいいから」「甘くて食べやすそうだから」という理由で赤ちゃんに蜂蜜を与えてしまうかもしれません。もし食べさせた蜂蜜にボツリヌス菌が入っていて、赤ちゃんが乳児ボツリヌス症を発症してしまったら、そして死亡してしまったら、「知らなかった」では済まされないかもしれません。そうならないためにも、家族や育児に協力してくれる人の間で、『蜂蜜は赤ちゃんにNG』という情報を共有することが大切です。

レシピ投稿サイトにも注意

過去にはレシピ投稿サイトに掲載された蜂蜜入りの離乳食のレシピを利用し、赤ちゃんが死亡した例がありました。現在も蜂蜜入りの離乳食レシピが掲載されていますが、あくまで蜂蜜入りの離乳食のレシピは1歳を過ぎた赤ちゃん用のレシピだと考えてください。5か月ごろから離乳食を始める赤ちゃんもいますが、1歳ごろまでは塩や醤油、砂糖などの味付けはほとんどいりません。昆布やカツオで取った出汁などを利用し、食材を味を覚えさせることも離乳食の目的です。もし1歳未満の赤ちゃん用の離乳食レシピの材料に蜂蜜が含まれていたとしても、決して加えないように気を付けましょう。

蜂蜜は1歳を過ぎてから与えましょう

乳児ボツリヌス症の発症例のほとんどが6か月未満の赤ちゃんだといわれています。最高齢は11か月で、1歳を過ぎた赤ちゃんの乳児ボツリヌス症の発症例は確認されていません。ボツリヌス菌に汚染された蜂蜜を食べたとしても、乳児ボツリヌス症を発症しないケースもありますが、赤ちゃんの健康を守ることができるのは周囲の大人だけです。万が一のことを考えて、蜂蜜を与えるのは1歳の誕生日を迎えてからにしましょう。

蜂蜜大根の作り方を公開 アレンジレシピ3選も併せて紹介

江戸時代から伝わる民間療法のひとつとして『蜂蜜大根』があります。蜂蜜大根は家庭で簡単に作ることができ、材料も大根と蜂蜜だけなのでとても手軽です。今回は蜂蜜大根の詳しい作り方を紹介します。併せて蜂蜜大根を使ったアレンジレシピも紹介するので、参考にしてみてください。

蜂蜜大根の基本レシピ

まずは蜂蜜大根の基本レシピを紹介します。大根と蜂蜜さえあれば、だれでも簡単に作ることができるので、ぜひ挑戦してみてください。

◎材料

・大根・・・5~6cmほど

・蜂蜜・・・大根の3分の2がかぶるくらいの量

◎作り方

1.大根は綺麗に洗って皮を剥きます。

2.1cm幅の輪切りにし、さらに1cm幅の拍子木切りにし、それを1cmの角切りにします。

3.清潔なタッパーやビンなどの容器を用意します。

4.容器に角切りにした大根を入れます。

5.大根の3分の2がぶるくらいまで蜂蜜を入れます。

6.そのまま3時間ほど放置します。大根のエキスが染み出るまでは3時間から半日ほどが目安です。

7.大根からエキスがしみだし、大根がシワシワになったら大根を取り出したら完成です。蜂蜜大根は冷蔵庫で保存しましょう。取り出した大根は食べることも可能です。

風邪の症状を抑えたいならそのまま舐める

蜂蜜大根は喉の痛みを軽減したり咳を抑えたりする効果が期待されています。このような風邪の初期症状を抑えたいなら、完成した蜂蜜大根をそのまま舐めることをおすすめします。1日3回ほど、ティースプーンに1杯の蜂蜜大根を舐めるだけでOKです。風邪の引き初めであれば、症状を悪化させずに回復に向かわせます。少し飲みにくいな、と感じたら、お湯や炭酸水で割って飲んでみてください。

蜂蜜大根アレンジレシピ3選

ここではそのまま飲むだけではない、蜂蜜大根のアレンジレシピを3つ紹介します。

・フルーツスムージーに蜂蜜大根をプラス

風邪を引いた時にはビタミンCを積極的に摂取することも効果的です。フルーツをすりおろしてスムージーにすることで体への吸収も良くなります。フルーツスムージーに蜂蜜大根を大さじ1杯ほど加えれば、より風邪対策に効果を発揮するはずです。

・野菜のマリネに蜂蜜大根をプラス

大根やキュウリ、ミニトマト、にんじんなどをマリネにする際に、蜂蜜大根を使ってみてください。普通の蜂蜜を使ってもいいのですが、風邪予防のためなら蜂蜜大根を使うことをおすすめします。塩もみした野菜に蜂蜜大根を混ぜ合わせるだけで簡単に作ることができます。

・ショウガの蜂蜜大根漬け

体を温める効果がある生姜を蜂蜜大根に漬けるだけの簡単レシピです。生姜は薄切りにしてから細かい千切りにし、塩で揉んでおきます。水分が出たらしっかり絞り、2分ほど熱湯でゆでます。ゆであがったら水を切り、粗熱が冷めてから蜂蜜大根がしっかり絡むようにまぶし、半日ほど漬けたら完成です。

お好みのレシピを見つけてみては?

いかがでしたか?基本の蜂蜜大根のレシピと、出来上がった蜂蜜大根を使ったアレンジレシピ3選を紹介しました。どれも簡単で味わいの異なるものばかりです。今回紹介したレシピ以外にもたくさんのアレンジレシピがあります。お好みのレシピを見つけていろいろ試してみてくださいね。

蜂蜜大根の効果を最大限に活かすおすすめの飲み方

気温が低くなると空気が乾燥し、風邪などに感染するリスクが高まります。風邪をひかないように、風邪対策をしている人もいるでしょうが、今回紹介するのは喉の痛みや咳など風邪の初期症状に効果的といわれている『蜂蜜大根』です。蜂蜜大根とはどのようなものなのか、どのような飲み方をすれば効果を得られるのかなど、蜂蜜大根について紹介します。

蜂蜜大根ってどんな食べ物?

蜂蜜大根は、ここ数年注目度を上げている健康食品で、簡単に手作りすることができます。1cm角ほどにカットした大根をタッパーなどの容器に入れ、適量の蜂蜜に漬けます。3時間ほどすると大根からエキスがしみだし、蜂蜜と混ざり合います。この大根のエキスと蜂蜜が混ざったものを取り入れることで、風邪の初期症状を抑える効果が期待されています。

蜂蜜大根が喉の風邪に効く理由

ではなぜ蜂蜜大根が喉の痛みや咳などの風邪の症状に効果があるといわれているのでしょうか。

・蜂蜜の殺菌作用

蜂蜜には強い殺菌作用があるといわれています。蜂蜜にはほとんど水分が含まれておらず、蜂蜜の中では雑菌が生きていくことができません。喉に付着した細菌も、蜂蜜の殺菌作用によって繁殖を防ぎます。

・蜂蜜の保湿効果

蜂蜜は高い保湿効果も期待されています。喉の水分を保持するとともに、外側から水分を取り込もうとする性質もあるため、喉の乾燥を防ぎ痛みや咳を緩和します。

・大根の抗炎症作用

大根に含まれる辛み成分には、炎症を抑える効果があるとされています。医療機関で使用される消毒の成分と同じ成分が含まれているため、喉の腫れなどを抑えます。

おすすめの蜂蜜大根の飲み方

せっかく蜂蜜大根を取り入れるなら、効果を最大限に活かすことができる飲み方をしたいですよね。ここではおすすめの飲み方を紹介します。

・蜂蜜大根のエキスをそのまま舐める

まずは蜂蜜大根をそのまま舐めてみてください。喉に違和感を感じたときにはそのまま舐めるのがおすすめです。蜂蜜大根のエキスをダイレクトに喉に届けることができます。風邪のひき始めや喉に少し痛みを感じるくらいなら、蜂蜜大根を舐めた翌日には症状が軽くなっていることも多いです。

・お湯で割って飲む

蜂蜜大根のエキスをお湯で割って飲むことで、体を温める効果が期待されます。蜂蜜大根大さじ1杯に対してお湯80mlから100mlほどが目安です。お好みの甘さに調整して飲んでみてください。生姜をプラスするのもおすすめです。

・炭酸水で割って飲む

蜂蜜大根は大根の独特の風味がするので、初めは少し飲みにくいと感じるかもしれません。そんな人におすすめなのが、炭酸水で割って飲む飲み方です。蜂蜜大根と炭酸水の割合が1対4くらいが飲みやすいです。レモン汁をプラスするとさらに飲みやすくなります。

風邪予防にも蜂蜜大根

いかがでしたか?蜂蜜大根を取り入れることで、喉の乾燥を防ぎ咳を沈める効果が期待されています。風邪にひき始めに取り入れるとより効果的で、さらには寝る前に蜂蜜大根を取り入れることで寝ている間に風邪の症状を抑えてくれます。風邪をひいてからではなく、普段から蜂蜜大根を取り入れることによって風邪を予防し、風邪をひきにくい体作りにも大きく役立ちます。お好みの飲み方で取り入れてくださいね。