蜂蜜は意外とヘルシー?ダイエットの味方にも!

はちみつ

蜂蜜といえば、とても濃厚な味わいやコクが特徴で、

人によっては砂糖より甘さを感じられる食品です。

独特な味わいなので、好き嫌いがはっきりする食材であるとも言えます。

しかし、甘味料としては、甘みが強いのにカロリーは低く、

栄養素もたくさん入っているという意外な一面もあります。

今回は、そんな蜂蜜のカロリーについて

実際のカロリーやヘルシーな活用方法などをご紹介します。

カロリーはどのくらいか

蜂蜜のカロリーは、100gあたり294キロカロリーと言われています。

砂糖は100gあたり384キロカロリーと言われていますので

蜂蜜の方がカロリーが低いことがわかります。

ただし、砂糖は粉であることに対して、蜂蜜は液体です。

甘さがあるとはいえ、甘味料だということや

液体としての重さがあることは頭に入れておいてほしいと思います。

料理などに実際に砂糖の代わりに使用する際は、

砂糖よりも少量で甘みが出ますので、普段より少なめでOKです。

量に気をつけて料理にうまく取り入れていきたいところです。

ダイエットの味方

砂糖の代わりになるということで、すでにモデルさんや芸能人には

料理に取り入れていたり、毎日摂取していたりする方が多い蜂蜜ですが、

実は美容にいい栄養素がたくさん入っているだけではなく、

カロリーも控えめでダイエットにも適しています。

毎朝食べているヨーグルトに蜂蜜を入れたり、

みりんなどの甘味料の代わりに蜂蜜を使ったり、

紅茶の甘みを引き立てるために蜂蜜を入れて混ぜてみたり、

様々な活用方法があります。

砂糖の代わりに蜂蜜を使うことで

自然とカロリーがカットされていくので

ダイエットにはとてもオススメの蜂蜜です。

甘さを変えることなくダイエットができるのは

女性だけでなく男性にとっても喜ばしいことです。

糖尿病や血糖値が高い方にもぜひ試してみていただきたいです。

効率的に痩せるには

砂糖の代わりに置き換えて使うのも

カロリーを抑えるためには必要な方法ですが、

実は意外と大胆な使い方でもダイエット効果があります。

それは、寝る前に蜂蜜をそのまま食べるということです。

一口程度でいいので、布団に入る前に摂取すると、

寝ている間に脂肪が燃焼しやすくなるという結果が出ているとのことです。

これらを繰り返していくうちに痩せやすい身体になっていくかもしれません。

蜂蜜の独特なクセが苦手ではない方には

ぜひ実践していただきたい方法です。

蜂蜜というと、独特な甘みやねっとりとした食感があることから

カロリーが高いと感じている方は多いと思います。

調べてみると、意外と低カロリーで、ダイエットにも活用できる

優れものだということがわかりました。

例えばクッキーやケーキなどのスイーツを作る際に

砂糖ではなく蜂蜜を使ってみるのも、

総カロリーが抑えられていいかもしれません。

いつもと違う味になって新しい発見になるかもしれません。

また、冬になると寝る前に温かい飲み物で

身体を温めることもあると思います。

蜂蜜を使ったホットドリンクを用意すれば、

身体が温まるだけではなくダイエット効果にもつながるかもしれません。

蜂蜜の無限の可能性を信じて、まずは生活の一部に

ぜひ取り入れていってほしいと思います。

蜂蜜は母乳にも危険なの?授乳期も気をつけるべき?

1歳未満の赤ちゃんが蜂蜜を摂取してはいけないということは

皆さんもご存知のことかと思います。

それは、赤ちゃんの消化器官がまだ未完成で、

病気になってしまうからと言われています。

では、母乳をあげているお母さんにとっても

蜂蜜は気をつけなければいけない食材なのでしょうか。

お母さんを通して母乳に蜂蜜の成分が入ってしまえば

赤ちゃんは病気になってしまうのでしょうか。

今回は、母乳と蜂蜜の関係についてご紹介します。

赤ちゃんにとっての蜂蜜

蜂蜜には、「ボツリヌス菌」という、

赤ちゃんにとっては非常に危険な成分が含まれています。

この成分を赤ちゃんが摂取してしまうと、

筋肉が衰えてしまったり、便秘になったり、

ひどい場合は呼吸困難で死に至るケースもあるなど

身体に悪影響を与えます。

なぜ1歳未満なのかというと、上記に書いた通り

まだ身体の構造が未完成だからです。

消化器官もまだ完璧にできていないため、

菌が繁殖して身体に悪影響を与えてしまうのです。

大人にとっては影響のないものでも、

赤ちゃんにとっては大きな刺激物だということを

しっかり覚えておきたいです。

そして、家庭にある蜂蜜にも十分気をつけていきたいものです。

母乳にボツリヌス菌は含まれるのか

結論で言えば、母乳にはボツリヌス菌は含まれません。

ボツリヌス菌は、大人が摂取しても消化処理される成分です。

赤ちゃんに与える母乳を作る前に、

お母さんの身体の中で処理されてしまいますので、

母乳の中にボツリヌス菌が混ざることはありませんし、

赤ちゃんに影響が出ないこともわかっています。

これは、妊娠中の胎児に対しても言えることなので

妊娠中も気にせず摂取しても大丈夫ということになります。

ただし、実際に赤ちゃんが産まれた後は、

間違えて赤ちゃんが食べてしまわないように注意は必ず必要です。

保存場所や保管方法などはきちんと気を使っていきましょう。

むしろ身体にいい蜂蜜

妊娠中、女性は赤ちゃんを守るために

お腹が大きくなり体重が増え、肌もボロボロで

足もむくみだらけの体型になってしまいます。

妊婦健診などでは体重の増え方で注意される方もいるので

カロリーの高いものを控えたり、食生活にも気をつけていかなければいけません。

これは赤ちゃんのためになるので恥ずかしいことではありませんが

やはり美容には気を使いたいのが女性です。

産後、ぜひ蜂蜜を食べて、美容意識を取り戻して欲しいと思います。

蜂蜜は、モデルさんも積極的に摂取している栄養価の高い食品です。

少量でも身体にいい成分がたくさん含まれているため、

習慣づけて食べていけば、身体もイキイキとしてくると思います。

産後の疲れきった身体に、ぜひ蜂蜜を取り入れてみてください。

優しい甘みがきっと身体を癒してくれると思います。

そして、赤ちゃんに与え続けていた栄養をしっかりと補充して、

自分自身も健康に過ごせるようになるのが理想です。

赤ちゃんにとって、身体が完成するまでは

蜂蜜はお預けにはなってしまいますが、

蜂蜜は栄養も美容成分もたっぷりで、お母さんにとっては

とても嬉しい健康食品です。

産後は赤ちゃんに与えないように気をつけながら

ぜひ生活に取り入れていってほしいと思います。

ストレスにも効く、蜂蜜の効能を紹介

はちみつは医学を修めた植物学者の手によって、多くの効能があると解明されています。
ストレスや風邪の予防にも繋がることをご存知でしょうか?
この記事では、家で気軽に食べれるはちみつの効能をご紹介します。

昔から訴えられてきたはちみつの効能

はちみつは、古くから特効薬として扱われてきました。
1759年に『最重要の疾病の予防、治療におけるはちみつの効用』を書いたイギリスの植物学者ジョン・ヒル博士もその中の1人です。
ヒル博士は、はちみつの医学的効用や治療法について初めての英語専門書を作成しており、今でもアピセラピー(ミツバチ療法)で一目置かれる文献となっています。
病気予防のためにはちみつを摂ることのメリットは、250年以上強く訴えられてきています。

はちみつのアピセラピーとは

アピセラピー(apitherapy)とは、ミツバチの生産物の医療効果を使って病気を治したり体調を整えたりする療法を指します。
ラテン語ではちを意味する「アピ(apis)」と療法を意味する「セラピー(therapia)を組み合わせてできた言葉です。
ミツバチの生産物は、はちみつや花粉、ローヤルゼリー、プロポリス、みつろう、蜂毒、蜂針と様々です。
中でもはちみつはアピセラピーで最も多く取り入れられています。

ストレスを緩和するはちみつの効能

人間の身体には、緊張を和らげてストレスを改善する働きをもつ「セロトニン」という脳内物質があります。
この物質が不足してしまうと脳が興奮状態になり、ストレスが溜まってしまうと言われています。
このセロトニンは、「トリプトファン」というアミノ酸から作られており、乳製品や肉類といった動物性のタンパク質や、アーモンドなどの豆類に含まれています。
はちみつに多く含まれているブドウ糖と果糖のうち、ブドウ糖には、セロトニンを生成するためのトリプトファンの吸収を促進する役割があります。
寝る前にひとさじのはちみつを摂取することで、ストレスを緩和して安眠できる効果も期待できます。

口内の衛生向上できるはちみつの効能

はちみつの効果として代表的なのは、強力な抗菌殺菌作用でばい菌退治をすることです。
糖分が多いはちみつなので意外と思われがちですが、はちみつは口内のケアにも使えます。
方法は、はみがき後にはちみつをひとさじ摂取するだけです。
歯周病などの口の中の衛生状態の悪さから発生する病気の予防に繋がります。
また、お年寄りの介護の口内ケアの一環でも活用されています。
ポイントは、「精製、加糖、高温加熱のない純粋な天然はちみつ」を選ぶことです。
誤って加糖のはちみつを選んでしまうと虫歯に繋がりかねませんので、念には念をいれて十分に確認してください。

花粉症の予防対策になるはちみつの効能

はちみつには、基礎体力、免疫力のアップの効果があります。
この効果により花粉症のアレルギー症状を和らげたり、予防できたりする可能性があると言われています。
予防に効いたという事例が出ており、シーズンの始まる数ヶ月前からはちみつを毎日食べることで花粉症が出なかったという報告があります。
マヌカハニー、百花蜜、甘露蜜と人によってバランスやミネラルとの相性が異なるため、花粉症の予防対策をはちみつで行う場合には、年度毎に異なる種類のはちみつで試してみるとよいでしょう。

蜂蜜ってどの花から作られているの?花の種類を紹介!

蜂蜜と一言で言っても、スーパーの売り場には

様々な種類の蜂蜜が販売されています。

それは何によって分かれているかというと、

その蜂蜜が純正品なのか、加工品なのか、

国産化外国産か、ブランドや原料など

本当に様々な分類で分かれているのです。

今回はその中でも、原料となる花について

それぞれの特徴や種類などをご紹介します。

蜜の原料である花の種類

1.レンゲ

レンゲの花は、国産蜂蜜の中では一番有名な蜂蜜です。

便秘解消の効果が高く、コクのある甘さが特徴です。

フローラルの香りで日本人にとっては摂取しやすく、

まろやかな味わいが特に親しまれています。

様々な料理に合うので、どんな使い方でも合う種類と言えます。

2.アカシア

アカシアの花には果糖が多く含まれています。

そのため、固まりにくいのが最大の特徴です。

冬場になると、通常の蜂蜜は固まり、食べにくくなる印象があるかと思いますが、

そんな時にでもトロリと食べやすいのがアカシア蜂蜜です。

優しい香りで癖が少ないのも、多くの人に愛される理由となっています。

一般的には飲み物などに使うことが多いです。

3.みかん

みかんの花からできた蜂蜜は、柑橘系の香りがふわっと広がって、

爽やかな酸味が口の中で味わえるのが特徴です。

日本で採れたみかんは特に、

日本人には馴染みやすい味となっております。

色が薄いものの方がいいと言われており、

甘酸っぱさを好む人にオススメです。

選ぶポイント

上記でご紹介した以外にも、現在ではまだまだたくさんの種類の蜂蜜が

販売されています。

その中から自分に合ったものを選ぶのは大変です。

では、蜂蜜を購入する際には何に注意して選んでいけばいいのでしょうか。

それは、蜂蜜に何を望むかにもよりますが、

種類によって違うのは、味、効果、香りなど。

まだ食べたことのない種類にチャレンジするのもありですし、

まずは定番のレンゲ蜂蜜から食べてみるのもあり、

いろいろなスーパーでよく売られている商品から手に取るもよし、

また、自分の求めている効果のある種類を選ぶのも

蜂蜜選びには重要なポイントです。

特に種類の多い蜂蜜から、自分が気に入った種類を見つけるのも

とても長い道のりとなりますが

自分好みの蜂蜜に出会えた時はとても嬉しくなると思います。

百花蜜について

ここまでで、蜂蜜には花によって味や風味が違い、

たくさんの種類があることがわかりました。

その中でも「百花蜜」というものがあります。

これは、様々な種類の花から採れた蜜から作られたものという

意味があるそうです。

ミツバチは同じ花から蜜を集めるのが基本ですが、

なんらかの理由で一つの花から蜜を集められない場合があります。

そのミツバチが様々な花から集めた蜜を

「百花蜜」というそうです。

味や風味などはその年によって違うとのことなので、

いつもと違う刺激が欲しい方にはとってもオススメです。

このように、蜂蜜の原料である花にもたくさんの種類があります。

もしかしたら花の数だけ蜂蜜の種類があるのかもしれません。

いろいろ調べていくと奥深い蜂蜜を

これからも興味を持って知っていきたいものです。

そして、たくさんの種類の蜂蜜を試してみて、

自分の好きな蜂蜜を見つけてみてほしいです。

種類がたくさん!蜂蜜はどれを選べばいいの?

はちみつ

近年の蜂蜜人気にともなって、

スーパーなどの蜂蜜売り場には、驚くほど

様々な種類の蜂蜜が並んでいます。

蜂蜜と一言で言っても、蜜の花やブランド、

純粋か加工品なのか、など、いくつものジャンルに分けることができます。

さらに、蜂蜜専門の養蜂場には何種類もの蜂蜜があり、

実際にどの蜂蜜がいいのかわからない方も多いと思います。

今回は、実際に自分が蜂蜜を購入する際に役立つ

蜂蜜の種類についてご紹介します。

どんな分かれ方か

蜂蜜を分類すれば、たくさんのジャンルに分かれますが

主に違うところは花の種類です。

花の種類が違うと、風味や味なども全く違った蜂蜜となるので

その中から自分好みの蜂蜜を選んでいくことが大切です。

種類が多いと、料理に使うものやそのまま食べるもの、

気分を変えたいときなど使い分けて利用できるのも利点です。

どんな種類があるのか

花の種類だけでもたくさんの蜜があり、

それぞれに特徴があります。

●レンゲ蜂蜜

レンゲの花から作られた蜂蜜です。

日本では特にメジャーな種類と言えます。

舌触りはまろやかで、優しいフローラルの香りが印象的な蜂蜜です。

どんな料理にも合うので、幅広く使われています。

料理だけでなく、スイーツなどでも利用されるのが多い種類です。

●アカシア蜂蜜

アカシアの花から作られた蜂蜜です。

レンゲに並んで日本ではかなり有名な種類で、

コクがあり癖が少ないところが特徴です。

固まりにくいので、ヨーグルトにかけたり、

ミルクと混ぜたりするのがオススメです。

●オレンジ蜂蜜

その名の通りみかんの花から作られた蜂蜜です。

みかんの甘酸っぱい風味が特徴で、

爽やかな香りのため、蜂蜜独特のクセが苦手な方にも

好まれる種類と言えます。

飲み物に混ぜると食べやすく、ふわっとほのかなオレンジの風味が

やみつきになります。

●ラベンダー蜂蜜

ラベンダーの花から作られた蜂蜜です。

花の蜜らしいラベンダーの香りと、

ハーブの独特な爽やかさが特徴で、紅茶などにとても合います。

お湯に溶かして飲むだけで、上品な雰囲気を味わうことができます。

こんな種類も

蜂蜜には、花の種類によって味や効能なども違ってきますが、

中には「百花蜜」という種類のものもあります。

これは、名前の通り、たくさんの花から採れた蜜を集めた蜂蜜となります。

いろいろな種類がありますが、どれを選んだらいいかわからないという方には

まずこちらの蜂蜜を試してみることをオススメします。

作られた年によって味や旨味が違ってくるそうなので、

毎年違った雰囲気を楽しむこともできるそうです。

蜂蜜は決して安いものではないので、悩んで購入して

失敗するよりは、無難な蜂蜜を選ぶのもいいかもしれません。

蜂蜜の種類は様々なジャンルで分かれていますが、

今回は主に花の種類についてご紹介しました。

実際にスーパーなどに売っている蜂蜜は、

ここまで細かく分類されていなかったり種類が少なかったりしますが、

蜂蜜養蜂場にはたくさんの種類がありますので

興味がある方は是非、養蜂場に足を運んでみてください。

様々な味の蜂蜜が楽しめて、自分のお気に入りの蜂蜜が

見つかるかもしれません。

いろいろな味を試して、素敵な蜂蜜ライフを楽しみましょう!

はちみつレモンの効果!意外と万能なドリンク

はちみつは、健康食品として身体にいい成分がたくさん含まれているため、

飲み物としても多く販売されている食品です。

なかでも、代表的なのが「はちみつレモン」です。

ホットでもアイスでも美味しく飲むことができるため、

1年を通してコンビニやスーパーなどで販売されています。

このはちみつレモン、ただ美味しいだけではなく

どのように身体にいいのか、なぜ長く愛されているのか、

詳しく調べてみるとたくさんの情報がありました。

今回は、はちみつレモンについてご紹介します。

はちみつレモンの効果

ビタミンやミネラル、ポリフェノールなど

女性に必要な栄養素がたくさん含まれたはちみつと、

レモンに含まれているビタミンCやクエン酸が合わさり、

たくさんの効能がある飲み物がはちみつレモンです。

疲労回復、美肌効果だけでなく、

喉の粘膜の乾燥を防いでくれるので

風邪の引き始めや喉を痛めたときにも役立ちます。

飲みやすく爽快感のある後味も、

幅広い年代に愛されている秘訣かもしれません。

はちみつの甘さとレモンの酸っぱさが癖になり、

長い間人気を誇っています。

はちみつレモンのレシピ

間違いなく身体にいいことがわかるはちみつレモンですが、

ぜひ自宅でも常に常備しておきたい飲み物です。

作るのにいろいろと手間がかかるように見えますが、

実はとっても簡単なのです。

材料もレモンとはちみつだけなので、誰でも簡単に

チャレンジすることができます。

では、どのようにして作るのかをご紹介します。

1.レモン汁とはちみつをコップに入れます。

2.お湯を注いではちみつを溶かします。

たったこれだけです。

全ての材料において、量はお好みで調整することができますので

自分の飲みやすい分量を覚えておくとなおいいです。

レモンをそのまま食べるのも効果をさらに上げてくれるのでオススメです。

また、自分好みにアレンジをすることもできます。

塩を少し入れてみたり、ミルクを少し入れるのも意外とアリです。

紅茶のように自分なりに作ってみると、飲む機会も増えるかもしれません。

これと決まった分量があるわけではないのも、

たくさんの人に好まれている理由かと思います。

オススメの飲み方

より効果を発揮させるためには、飲むタイミングもすごく大切です。

●寝る前

寝る前に温めたはちみつレモンを1杯飲むことで

安眠効果が期待できます。

また、脂肪燃焼にもつながるので、

ダイエットを目的として飲む方は寝る前に1杯飲むといいです。

寝ている間に身体を健康状態にしてくれます。

●スポーツをした後

スポーツをした後は、汗をかき身体が疲れきっている状態です。

程よい糖分が、エネルギー補給に役立つとされているので

激しく動いた後などははちみつレモンが身体に染み渡り

効果が期待できるでしょう。

いかがでしたか?

はちみつレモンは1年を通して飲むことができる上に、

自分で作ることも簡単にできるため、

昔から今までずっと愛され続けている飲み物です。

夏には塩分が多めのものが販売されていたり、

冬にははちみつが多めの甘めのものが出ていたり、

アレンジがしやすい部分も人気の秘訣です。

これからの時期も寒くなってきますので

はちみつレモンを飲んで身体を温めていきましょう。

流行りのマヌカハニーとは?使い方は?

昨年より何かと話題で、今では若い女性に人気のマヌカハニー。

皆さんも言葉は聞いたことがあったり

商品を見かけたりすることがあったと思います。

体にいいことがわかっていても、一体どのように使用したり、

どんな時に役立つのかを熟知している人は少ないかと思います。

どんな健康食品も、ただ単に摂取していれば

健康でいれるというわけではありません。

間違った使用方法を続けていては、せっかくの効果を

生かすことができなくなってしまいます。

今回は、マヌカハニーの上手な使い方についてご紹介したいと思います。

マヌカハニーとは

そもそもマヌカハニーとは、「マヌカ」という花の蜜を使って

作られている蜂蜜です。

もともとはニュージーランドが発祥の地と言われています。

この「マヌカハニー」には、殺菌に効果的な成分がたくさん含まれており、

薬の代わりに使用することが多かったということです。

通常の蜂蜜のようになめらかな味わいではなく、

ねっとりとした独特な重みが特徴で、

初めての人には少し食べづらい印象もあるようです。

ですが、近年、雑誌などで取り上げられたりしているので

どんどん人気が出てきており、

今ではいろいろなお店で販売されている健康食品となりました。

マヌカハニーの効果

一般的に、マヌカハニーを摂取することによって効果的だと言われているのが

胃の健康についてです。

マヌカハニーには胃炎などにも関係しているピロリ菌を

殺菌する効果があります。

また、この時期に流行するインフルエンザウイルスを

減少させる働きもあると言われています。

年々流行っているインフルエンザを、こう言った食品で予防するのも

効果的だと言えます。

その他にも、虫歯予防になったという研究結果が出ていたり、

思春期に誰もが悩む「ニキビ」や、アトピー気質な方にも

効果的だと言われています。

通常の蜂蜜とは、効果や成分が全く違うことがわかります。

どのように摂取するか

先ほどにも書いたように、マヌカハニーは蜂蜜とは違い、

少しねっとりした食品です。

料理に砂糖の代わりに使うというよりも

スプーンでそのまま食べることをお勧めします。

もちろんその独特な味わいから、初めは少し抵抗があるかもしれません。

その場合はお湯で溶かしたり、ヨーグルトに入れたりするところから

始めてみるといいと思います。

また、マヌカハニーは空腹時に食べることが推奨されています。

その方が、殺菌作用が効果的に働くとのことです。

このことから、寝る前や、ご飯を食べる少し前あたりに

摂取するのが好ましいということがわかります。

1日に3〜4回ほど、スプーンで舐めるだけで

簡単に身体に染み込んでいくかと思いますので

ぜひトライしてみてほしいです。

マヌカハニーは普通の蜂蜜と比べて少し高値だったり

独特な風味を持っていたりするので、

なかなか一般家庭には置いていないものにはなりますが、

殺菌作用の強い食品ということで

ぜひ積極的に摂取したいところです。

何より、簡単に身体の中のウイルスが殺菌されるとのことなので、

健康に気を使っている人にはとっておきの食品です。

全てが殺菌されるわけではないですが、

年々流行っているインフルエンザなどの予防にも

ぜひ使ってみてください。

蜂蜜でキレイになれる?簡単レシピ

蜂蜜には、キレイになるには欠かせないたくさんの栄養素が含まれています。

ビタミン、ミネラル、ポリフェノール、アミノ酸など、

どれも女性には必要不可欠なものです。

では、この蜂蜜の成分をうまく身体に取り入れるには

どのように調理すればいいか。

実はすごくたくさんの利用方法があるのです。

今回は、そんな蜂蜜を使った簡単なレシピをご紹介いたします。

蜂蜜を料理に使うメリット

蜂蜜は、昔から砂糖の代わりに利用されることが多い調味料となっています。

甘みは砂糖よりも強く、さらにカロリーも低いため

普段から身体を気にしている人にはとても重宝されています。

少ない量でより甘く感じられるのであれば、

砂糖の代わりに蜂蜜を使って積極的に摂取していきたいものです。

簡単なレシピをご紹介

ここからは蜂蜜を使った簡単なレシピをご紹介します。

料理が苦手な方でも簡単に作れるものだけを集めました。

●はちみつレモン

1.レモン1個をよく洗い、しっかりと水気を切ります。

2.少し厚めにレモンをスライスします。

3.容器にスライスしたレモンを敷き詰めて、

レモンが浸る程度まではちみつを注いで漬け込みます。

4.6時間から一晩ほど漬けたら出来上がりです。

レモンをそのまま食べてもよし、料理に添えたりドリンクと一緒に

味わったりしてもよし、で定番化しているレシピです。

●はちみつチーズトースト

1.通常通りに食パンをオーブンでトーストします。

2.少し焼き色がついたところで一旦取り出し、はちみつを塗った後に

スライスチーズをのせてさらに焼いていきます。

3.チーズが溶けたら出来上がりです。

チーズのしょっぱさとはちみつの甘さが絶妙です。

いつものバターやマーガリンの代わりにはちみつを使用することで

より味わい深く濃厚な味になります。

●はちみつスイートポテト

1.さつまいも1本をしっかり洗い、電子レンジ600Wで5分ほど加熱します。

2.さつまいもが柔らかくなったら、皮をむいて潰していきます。

この時、かなり熱いので要注意です。

電子レンジで温める前にさつまいもを輪切りにしておくと

火が通りやすくて作業がしやすくなります。

3.潰したさつまいもに、牛乳、バター、はちみつを加えて

混ぜながら形を整えます。

4.アルミカップに混ぜたさつまいもを乗せ、卵黄を塗ったら

オーブントースターで焼き色がつくまで焼いて完成です。

通常のスイートポテトを作る工程で、砂糖をはちみつに置き換えたものです。

砂糖よりも甘みが強く、はちみつの風味がしっかりと味わえて

普段とは少し違ったスイートポテトが出来上がります。

とにかく使い勝手がいい調味料

一家に1つあれば、砂糖の代わりに使えるはちみつ。

はちみつを生かしたレシピもあれば、

隠し味に使ったり、そのまま食べたりすることもできる優れものです。

調味料としてだけではなく、主役にもなるので

ぜひ一つは常備しておいてほしいです。

栄養たっぷりのはちみつを使えば、

毎日の摂取カロリーを抑えることができる上に

いつもの料理も少しコクが出て甘みが増します。

普段の生活で使ってみると、意外とたくさんのシーンで

活躍してくれることでしょう。

糖分が気になっている方や健康志向の方には

ぜひ取り入れてみてほしいと思います。

赤ちゃんに蜂蜜は危険?!その理由とは

蜂蜜は、皆さんもご存知の通り

1歳未満の赤ちゃんには食べさせてはいけない食品です。

購入した蜂蜜のパッケージには、

必ずそのことについて注意書きが書かれているほどです。

しかし、意外とその理由や原因は知られていません。

何となく「そうなんだ」で終わってしまい、

知識を持っている人は少ないのが現実です。

今回は、1歳未満の赤ちゃんが蜂蜜を摂取するのに

何が悪影響なのか、

普段の生活の中では何に気をつけて行けばいいかなど

蜂蜜が赤ちゃんに与える影響などを詳しくご紹介します。

赤ちゃんにとっての影響

そもそも、蜂蜜の何が悪影響を与えているのかというところです。

蜂蜜には、「ボツリヌス菌」という食中毒に近い菌が含まれています。

この「ボツリヌス菌」ですが、何と通常の加熱方法だけでは

なくならない菌と言われています。

大人にとっては、食べる程度では何ともないものですが、

まだ腸内環境が整っていない赤ちゃんにとっては

この菌を摂取すると、「乳児ボツリヌス症」になってしまい、

影響が大きく出てしまうということから、

摂取を控えるように言われているのが現状です。

乳児ボツリヌス症の症状とは

これだけ蜂蜜が赤ちゃんにとって危険な食べ物だと言われてきていますが、

実際に摂取してしまった後の症状が

どれだけのものなのかということはあまり知られていません。

どんな症状があるかの知識がないと、

ちょっとくらい大丈夫か、などと軽い気持ちで

蜂蜜を赤ちゃんに与えかねません。

ここでしっかりと身につけていきましょう。

乳児ボツリヌス症は、便秘から始まり、

身体の筋肉が落ちてきてしまったり、

母乳やミルクを吸う力が弱くなってしまったりします。

また、ひどい場合は呼吸困難になり

死に至る危険性もあると言われています。

実際に赤ちゃんが亡くなったケースもあるようなので

蜂蜜には十分に気をつけていきたいものです。

気をつけていきたいところ

蜂蜜が赤ちゃんにとって毒であることがわかりましたが、

蜂蜜だけを意識していても予防にはなりません。

実際に市販されている食べ物の中には、

蜂蜜を使用した食品も多く販売されていますので。、

まだ1歳に満たない赤ちゃんにものを与える際は

親が十分注意をしなければなりません。

特に甘いパンやスイーツ、ジュースなどは

蜂蜜を使用しているものも多くありますので特に注意が必要です。

食品を購入する際には、原材料をしっかりと見てから

購入することも大切です。

少しでも軽い気持ちで食べ物を与えてしまうと

取り返しがつかないことになってしまうかもしれません。

離乳食を始める前に、与えてはいけない食品なども

チェックしていきましょう。

赤ちゃんは生後5か月頃から離乳食が始まります。

食べ物が食べられるようになることは、親にとっては

すごく喜ばしいことではありますが、一方で

とても注意が必要なこともわかります。

この記事を読んで、赤ちゃんへの影響を考える人が

増えてくれればいいなと思いました。

また、自分の子供は自分で守らなければいけません。

親としての責任もありますので、食べ物を与える際には

十分に注意していくことが大切なことがわかりました。

そして、少しでも乳児ボツリヌス症にかかってしまう赤ちゃんが

減ることを願っています。

家庭で楽しめるはちみつ料理の作り方

はちみつには栄養素が多くふくまれており、風邪や便秘の予防、疲労回復、快眠といった効果を得ることができます。
また、はちみつには歯石をできにくくする効果もあり、虫歯や歯周病予防としても関心を集めています。
そんなうれしい機能が満載のはちみつをご家庭の料理に取り入れる作り方を紹介します。

スペアリブはちみつ風味(1人あたり785cal)

豚肉はビタミンB1、ビタミンB6などのビタミンのほか、ナイアシン、亜鉛、ミネラルが豊富です。
年齢とともに不足しがちなビタミンBの補給ができます。
また、圧力鍋とはちみつの効果でやわらかく仕上がるため、子どもでもおいしく食べることができます。

・材料(2人分)
クローバー蜂蜜 大さじ4杯
スペアリブ(豚肉) 6本
玉ねぎ 1個
にんにく 1片
パイナップル 4切れ
ローズマリー(生) 1枝
白ワイン 40ml
しょうゆ 40ml
水 180ml
塩こしょう 少々
サラダ油 大さじ4杯
ローズマリー(生)(飾り用) 1枝

・作り方
① スペアリブは塩、こしょうをします。玉ねぎとにんにくはすりおろします。
② 圧力鍋にサラダ油を熱し、スペアリブを入れて焼き色をつけます。
③ ②にパイナップル、玉ねぎ、にんにく、ローズマリー、白ワイン、しょうゆ、水、はちみつを入れて蓋をして、強火にかけます。圧力鍋から湯気が勢いよくでたら、弱火にして15~20分かけて加熱します。
④ できあがったら器に盛り、飾り用のローズマリーをのせて完成です。

ナシゴレン(1人あたり659kcal)

牛ひき肉は、タンパク質やヘム鉄、ビタミンBなどを豊富に含み、年齢の増加と共に起こる体力の低下を予防する効果が期待できます。
はちみつ料理に加えて、毎日のメニューの中で肉と魚の摂取割合を1対1にするように心がけるとよりバランスの取れた食事になるでしょう。

・材料(2人分)
ご飯 茶碗2杯分
牛ひき肉 100g
干し桜エビ 4g
玉ねぎ 1/4個
A 有機百科蜂蜜 大さじ2杯
A ナンブラー 小さじ2杯
A ケチャップ 小さじ2杯
A チリソース 小さじ5杯
塩こしょう 少々
卵 2個
レタス・トマト・きゅうり・高菜 適量
サラダ油 適量

・作り方
① 干し桜エビを細かく刻みます。玉ねぎは1cm角になるように切ります。
② レタスをちぎります。トマトはくし形切り、きゅうりは斜め薄切りにします。
③ フライパンにサラダ油をひき、牛ひき肉を炒めます。色が変わったら①を加えて炒めます。
④ ③にご飯をくわえて、更に炒め、Aを混ぜ合わせたタレを混ぜて炒めます。塩、こしょうで味付けを整えます。
⑤ 卵で目玉焼きを作ります。
⑥ 最後に器に④を盛り、②の野菜、⑤の目玉焼きを添えて、ざく切りにした高菜を飾ったら完成です。

手羽先のはちみつ甘酢煮(1人分あたり375kcal)

手羽先には、コラーゲンが豊富に含まれています。
コラーゲンは「ペプチド」に分解されて体内に吸収されますが、コラーゲンを作り出している線維芽細胞を刺激してコラーゲンの生成を促す効果があるのが手羽先です。

・材料(2人分)
そば蜂蜜 大さじ6杯
手羽先 8本
しょうが 1片
はちみつ酢 200ml
しょうゆ 200ml
だし汁 200ml
※はちみつ酢は発酵させたはちみつの酒をさらに発酵させて作り上げたお酢です。インターネットやスーパーで購入できます。

・作り方
① しょうがは皮をむいて薄切りにします。
② ①と残りの材料をすべて圧力鍋に入れて、強火にかけて、圧力鍋から勢いよく湯気が出てきたら弱火にかけて15~20分程度の加熱を加えます。